慶應義塾大学病院 安全管理指針

第1条 趣旨

本指針は、慶應義塾大学病院(以下「病院」という)における医療安全管理体制の確立、医療安全管理のための具体的方策及び医療事故発生時の対応方法等について、指針を示すことにより、適切な医療安全管理を推進し、安全な医療の提供に資することを目的とする。

第2条 医療安全管理に関する基本的な考え方

安全で質の高い医療を提供することは、全ての医療従事者の責務であり、病院教職員ひとりひとりが、医療安全の必要性・重要性を自分自身の課題と認識し、最大限の注意を払いながら日々の医療に従事せねばならない。
病院は、医療の安全管理、医療事故防止の徹底を図り、病院の理念に則った医療が提供できるよう、本指針を定める。

第3条 組織及び体制

病院における医療安全対策と患者の安全確保を推進するために、本指針に基づき以下の役職及び組織等を設置する。

第4条 院内安全対策委員会の設置

  1. 病院における医療安全管理対策を総合的に企画、実施するために、院内安全対策委員会(以下「委員会」という)を設置する。
  2. 前項に規定する委員会の組織及び運営等については、「院内安全対策委員会要綱」に定める。

第5条 医療安全管理部の設置

  1. 病院における医療安全に関する病院教職員の意識向上や指導及び患者等からの苦情・相談に応じる等、組織横断的に病院内の安全管理を担うため、病院長直属の医療安全管理部(以下「安全管理部」という)を設置する。
  2. 前項の安全管理部の業務、組織および運営等については、「慶應義塾大学病院医療安全管理部内規」に定める。

第6条 医療安全管理のための教職員研修

  1. 医療安全に関する基本的な考え方及び具体的方策について、病院教職員へ周知徹底を図るために研修会を開催し、併せて病院教職員の医療安全に対する意識向上を図る。
  2. 医療安全管理のための職員研修については、「院内安全対策委員会要綱」に定める。

第7条 報告等に基づく医療に係る安全確保を目的とした改善方策

  1. 病院教職員はインシデント及びアクシデント事例が発生した場合に、速やかに「報告書」により、委員会へ報告するものとする。尚、報告書は診療録、看護記録等に基づき作成する。(報告の提出については、別途定める「院内事故報告システム」参照)
  2. 委員会は病院全体の医療事故情報を一元化し、評価・分析することにより、再発防止のための改善策を図るものとする。必要に応じて、各部門・部署のセーフティマネジャーならびに担当責任者を通じて、病院教職員に速やかに周知する。
  3. 報告は医療法において医療従事者としての義務であるが、明らかな医療過誤でない限り当事者個人の責任を一切問うものではない。
  4. 報告等に基づく医療に係る安全確保を目的とした改善方策については、「院内安全対策委員会要綱」に定める。

第8条 医療事故等発生時の対応

  1. 医療側の過失によるか否かを問わず、患者に望ましくない事象が生じた場合には、可能な限り、先ず、病院内の総力を結集して、患者の救命と被害の拡大防止に全力を尽くす。
  2. 医療事故等発生時については、「慶應義塾大学病院医療事故対応マニュアル」に従い対応する。

第9条 患者への情報提供

本指針の内容を含め、患者との情報の共有に努めるとともに、患者または家族は診療録を含め本指針の閲覧ができるものとする。また、本指針についての照会には医療安全管理部が対応する。

第10条 患者からの相談への対応

  1. 患者等からの苦情、相談に応じられる体制を確保するために、患者相談窓口を常設する。
  2. 患者相談窓口の業務および運営等については、「慶應義塾大学病院患者総合相談部規程」に定める。

第11条 本指針の改廃

本指針の改廃は、院内安全対策委員会が発議し、病院運営会議の議を経て病院長が決定する。