医療従事者の職業倫理

医療従事者の職業倫理というものは決して難しいものではなく、常識で理解できる平易なものばかりです。日本医師会はすでに昭和26年(1951年)に「医師の倫理」を作成し、我々の先輩医師たちはこの尊守につとめてきたのです。

しかし、その内容はいささか今の医療には合わない点が出てきたため、平成12年(2000年)にその改訂版とも言うべき「医師の倫理綱領」(表1)が作られました。昭和26年に定められたものを見てみますと(詳細は省略しますが)、医師の行為の根本は仁術である(常に)人命の尊重を念願すべき、などと記載され患者の人権尊重といったことについては全く触れられておらず、パターナリズムに基づいた医療の提供を医師たちに求めていました。

これに対し改訂版では新たに「医師は医療を受ける人々の人格を尊重し、優しい心で接するとともに、医療内容についてよく説明し、信頼を得るように努める」という項目があります。これが所謂インフォームドコンセント(IC)です。アメリカ式の医師と患者間の契約を基にしたICは日本人の心情にあわない、患者とよく話し合い信頼関係を築き行っていくのが日本式のICであるとして作られた日本医師会の苦心作です。

このことは前回述べましたがそのほか、表1にあるように医師は常に新しい医学知識の習得に励みなさい、医師はこの職業の責任を自覚して人格を高めなさい、医師はお互いに尊敬し合い法を守り、社会の発展に尽くしなさい。などなどごく当たり前のことがうたわれているのですが、これらが医師が日常の診療にあたって尊守すべき職業倫理なのです。繰り返して言いますが、なにも難しいことはないと思います。

表1 医の倫理綱領

医学および医療は、病める人の治療はもとより、人々の健康の維持もしくは増進をはかるもので、医師は責任の重大性を認識し、人類愛を下にすべての人に奉仕するものである。

  1. 医師は生涯学習の精神を保ち、常に医学の知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩・発展に尽くす
  2. 医師はこの職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるようにも心掛ける。
  3. 医師は医療を受ける人々の人格を尊重し、優しい心で接するとともに、医療内容についてよく説明し、信頼を得るように努める。
  4. 医師は互いに尊重し、医療関係者と協力して医療に尽くす。
  5. 医師は医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範の尊守および放逸所の形成に努める。
  6. 医師廃業にあたって営利を目的としない。

日本看護協会も昭和63年(1985年)に「看護婦の倫理規定」を制定し、すべての看護師にもやはりの規定を守るべく努力をしてきましたが、やはり先も述べたように近年の価値観の多様化は人権、自己決定権の尊重を言った医療の潮流を生み、同協会は平成15年に、「看護者の理論要綱」として「看護婦の倫理規定」の見直しを行いました。これを見ましても(紙面の都合上、昭和63年度制定の倫理規定は省略しますが)「看護者は対象となる人々との信頼関係を築き、その身体関係に喪と基づいて看護を提供する」更に「看護は人々の知る権利及び自己決定権を尊重し、その権利を擁護する」といった項目が新たに追加されています。他にも追加された項目はありますが、この2点がもっとも重要な追加項目で、ここにも日本式のICの構築が謳われています。そして、その根底には「ナイチンゲール誓詞」や「ヒポクラテスの誓」などからその古さを取り除いた倫理の新しい流れが感じられます。

病院で最も従事者が多い医師や看護師の職業集団である日本医師会、日本看護協会が制定した倫理綱領について述べましたが、他の部門でも倫理に関する綱領や規定が作成されています。

それぞれ特徴があり、例えば薬剤師倫理規定では薬剤師として薬剤の調剤、創製、供給に関しての確固たる倫理を求めており、管理栄養士の栄養士倫理綱領では栄養士としての面から日本臨床衛生検査技師会倫理綱領では検査技師としての強い倫理観が求められています。その外、日本放射線技師会・日本ソーシャルワーカー協会・日本理学療法士協会などすべての倫理綱領や倫理規定に共通しているのは、学術の研鑽に励む、国民の生活の向上に寄与する、他人の人権を尊重する、守秘義務の尊守などで各部門の特徴を除けばみな同じようなことが謳われています。各部門の方たちは今一度それぞれの所属する会が定めた倫理綱領をよく読み心して日常の診療やケアーにあたって下さい。

世界に目を向けても医療従事者はその職務柄、特に高い倫理性を求められており、ドイツでも国民の意識調査では医師の地位は最高位にランクされており聖職者や弁護士などより高い位置にランク付けされているほどです。何も医師だけが最高位ではなく、医療従事者すべてが行為にランク付けされているのだと考えます。フランス、イギリス、アメリカにおいても同様です。

他の国々においても「医の倫理」の原則は日本医師会や日本看護協会が作成している倫理綱領とあまり違いありません。そのひとつの例としてアメリカで2001年に制定されたアメリカ医師会の「医の倫理原則」を表2に示します。

以上2回にわたって医の倫理について私見も交え述べて来ましたが、皆さんも一度「医の倫理」についてゆっくり考えてみませんか。(参考文献は紙面の都合上省略させて頂きます)

表2 アメリカ医師会「医の倫理原則」

前文

医業専門家集団は長い間にわたり、主として患者の利益のために展開されてきた倫理宣言の総体を承認してきた。この専門家集団の一員として、医師は患者に対する責任のみならず、また社会や他の保健職業専門家及び自己への責任を認めなければならない。米国医師会により採択された次の諸原則は法律ではなく、医師の名誉ある行動にとって本質的な事を定めている行動の基準である。

  1. 医師は人間の尊厳への同情と尊重の念をもって適切な医療を与える事に献身しなければならない。
  2. 医師は患者および同僚医師に対し正直に対処し、人格又はその能力に欠陥をもった医師および詐欺、または欺罔に携わる医師を明らかにすべく努めなければならない。
  3. 医師は法律を遵守するとともに、更に患者の最大の利益に反するような諸要件の変更に努力すべき責任を認めなければならない。
  4. 医師は患者の権利、同僚医師および他の保健職業専門家の権利を尊重しなければならない。また、法の制約の範囲内で患者の秘密を擁護しなければならない。
  5. 医師は科学的知識の学習、応用、推進を継続し、また相互に関連する情報を患者、同僚医師、公衆に入手可能にし、必要に応じて専門家に相談し、他の保健職業専門家のもつ能力を活用しなければならない。
  6. 医師は患者に適切な看護を供与するに当り、救急の場合を除き、業務を遂行する相手方、共に業務を行なうもの、および医療を供与する環境を、自由に選択できるものとする。
  7. 医師はコミュニティ(地域共同社会)の改善に貢献する諸活動に参加すべき責任を認めなければならない。
  8. 医師は患者のケアにあたって患者への最大限の責任を有する。
  9. 医師は全ての人々の医療へのアクセスを支援する。

患者の権利に関する宣言

2011年3月現在

看護者の倫理綱領

前文

人々は、人間としての尊厳を維持し、健康で幸福であることを願っている。看護は、このような人間の普遍的なニーズに応え、人々の健康な生活の実現に貢献することを使命としている。

看護は、あらゆる年代の個人、家族、集団、地域社会を対象とし、健康の保持増進、疾病の予防、健康の回復、苦痛の緩和を行い、生涯を通してその最期まで、その人らしく生を全うできるように援助を行うことを目的としている。
看護者は、看護職の免許によって看護を実践する権限を与えられた者であり、その社会的な責務を果たすため、看護の実践にあたっては、人々の生きる権利、尊厳を保つ権利、敬意のこもった看護を受ける権利、平等な看護を受ける権利などの人権を尊重することが求められる。

日本看護協会の『看護者の倫理綱領』は、病院、地域、学校、教育・研究機関、行政機関など、あらゆる場で実践を行う看護者を対象とした行動指針であり、自己の実践を振り返る際の基盤を提供するものである。また、看護の実践について専門職として引き受ける責任の範囲を、社会に対して明示するものである。

条文

  1. 看護者は、人間の生命、人間としての尊厳及び権利を尊重する。
  2. 看護者は、国籍、人種・民族、宗教、信条、年齢、性別及び性的指向、社会的地位、経済的状態、ライフスタイル、健康問題の性質にかかわらず、対象となる人々に平等に看護を提供する。
  3. 看護者は、対象となる人々との間に信頼関係を築き、その信頼関係に基づいて看護を提供する。
  4. 看護者は、人々の知る権利及び自己決定の権利を尊重し、その権利を擁護する。
  5. 看護者は、守秘義務を遵守し、個人情報の保護に努めるとともに、これを他者と共有する場合は適切な判断のもとに行う。
  6. 看護者は、対象となる人々への看護が阻害されているときや危険にさらされているときは、人々を保護し安全を確保する。
  7. 看護者は、自己の責任と能力を的確に認識し、実施した看護について個人としての責任をもつ。
  8. 看護者は、常に、個人の責任として継続学習による能力の維持・開発に努める。
  9. 看護者は、他の看護者及び保健医療福祉関係者とともに協働して看護を提供する。
  10. 看護者は、より質の高い看護を行うために、看護実践、看護管理、看護教育、看護研究の望ましい基準を設定し、実施する。
  11. 看護者は、研究や実践を通して、専門的知識・技術の創造と開発に努め、看護学の発展に寄与する。
  12. 看護者は、より質の高い看護を行うために、看護者自身の心身の健康の保持増進に努める。
  13. 看護者は、社会の人々の信頼を得るように、個人としての品行を常に高く維持する。
  14. 看護者は、人々がよりよい健康を獲得していくために、環境の問題について社会と責任を共有する。
  15. 看護者は、専門職組織を通じて、看護の質を高めるための制度の確立に参画し、よりよい社会づくりに貢献する。