平成28年度 慶應義塾大学病院 病院指標

本病院指標はDPCデータから厚生労働省が定めた条件に基づき、全国統一の定義と形式で作成しています。

≪集計条件について≫
 ・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんであり、一般病棟に1回以上入院した方が対象とされています。
 ・入院した後24時間以内に死亡した患者さんまたは労災、自費診療をした患者さんは集計対象外となっています。
 ・臓器移植の症例は集計対象外となっています。

≪定義・形式について≫
 ・同一人物が複数回入退院した場合、延べ患者数として数えます。
  (例)4/1に入院し、その後退院。同じ患者さんが10/1に入院し、その後退院。
   ※この場合、患者数は”2人”として数えます。
 ・患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表記となります。
 ・在院日数は、入院した日から退院した日までの日数になります。
  (例)10/1入院、10/5退院
   ※この場合、在院日数は”5日”として数えます。

■各ダウンロードデータは、拡張子が「tsv」と表示されたテキスト形式のデータです。
 ファイルを開く際は、拡張子を「tsv」から「txt」へ変更するなどの対応を行うか、プログラムを指定してメモ帳などで開いてください。
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1532 725 832 1897 2379 2782 4341 4631 2541 289
定義
平成28年度退院患者さんの人数を 10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。

特徴
当院の入院患者さんは、60歳以上の方の占める割合が全体の53.8%と半数を占めている一方、20歳未満の方も10.3%、20歳~30歳代の方も12.4%、40歳~50歳代の方は23.5%と、幅広い年齢層に対応しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 290 5.49 5.12 0 48.83
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 211 7.53 6.29 0 42.44
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 175 14.25 13.29 0 47.41
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 161 7.16 6.42 0 42.43
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 134 8.95 9.88 0 37.34
産婦人科は、月経発来から妊娠・出産そして老年期の諸疾患にいたるまで、「女性のライフサイクル」におけるあらゆるイベントにかかわり、その健康に奉仕する診療科です。当院では、妊娠・出産や不妊症など妊娠に関連した診療を主に「産科」で、婦人科腫瘍や更年期医学などを主に「婦人科」で扱っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 336 4.29 5.51 0.3 58.97
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 291 4.44 4.71 0 70.76
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 163 3.29 3.06 0 71.31
050080xx9700xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 158 10.82 17.48 11.39 84.2
050080xx9910xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 128 4.05 6.03 2.34 77.7
特定機能大学病院の循環器診療部門として狭心症、心筋梗塞、不整脈、心臓弁膜症、心筋症、心不全、先天性心臓病などあらゆる疾患に対して高い専門性を生かした高度・最先端の技術を利用した治療を行っています。
24時間365日いつでも迅速に緊急疾患に対応し、心臓血管外科をはじめとした他診療部門と協力した集約的治療体制を整えています。
「かかりつけ医」との連携を充実させ、関東全域にわたる地域関連病院との総合診療を実現しています。
一般・消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 88 15.09 17.65 1.14 66.25
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 88 7.45 6.59 0 57.19
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 79 11.65 10.3 0 57.3
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 73 9.92 9.82 0 62.85
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 68 14.4 15.92 1.47 67.93
一般・消化器外科では食道、胃、腸、肝、胆、膵などの消化器疾患、乳腺疾患、末梢血管疾患に対する外科治療を中心に行います。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070180xx97xx0x 脊椎変形 手術あり 定義副傷病 なし 178 14.67 20.55 6.74 18.92
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 159 18.16 24.42 30.19 64.66
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 86 3.09 6.92 0 70.47
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 78 23.54 26.26 32.05 75.12
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 62 5.81 5.94 0 46.53
整形外科では「骨・関節・靱帯・筋肉さらには脊椎・脊髄・末梢神経を含む、運動器官」に関する治療を行っています。世界的に類を見ない高齢化が進んでいる我が国において、運動器疾患の治療は社会的にも重要性を増しています。4つの臨床グループ(脊椎・脊髄、上肢、下肢、腫瘍)により専門性の高い外来と手術を行っています。当院の整形外科は一般のクリニック・病院では治療が難しい疾患・腫瘍や手術症例などを中心に診療する特定機能病院となっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 102 8.43 11.06 3.92 71.93
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 96 7.57 8.7 0 73.24
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 76 6 9.02 0 72.22
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 57 5.93 7.53 0 68.21
060030xx97x00x 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 6.05 12.73 0 62.25
消化器内科では食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管や、肝臓、胆道、膵臓に起きる消化器疾患を対象に一般・消化器外科、腫瘍センター、免疫センター等とともに消化管クラスターとして総合的に診断と治療を行っております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 120 8.1 7.44 0 71.76
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病 なし 61 5.38 5.33 0 62.31
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 61 9.69 13.39 0 66.64
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 59 10.34 12.52 0 60.54
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 57 9.32 11.72 0 67.74
泌尿器科では、腎臓がん、尿路上皮がん(膀胱がん、腎盂がん、尿管がんが含まれます)、前立腺がん、精巣がんなどの悪性腫瘍を扱うだけでなく、良性疾患として、腎不全(人工透析)、腎移植、副腎腫瘍、尿路感染症、尿路結石症、神経因性膀胱、前立腺肥大症、尿失禁、ED、不妊症、さらに小児の泌尿器の病気などの治療を行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 194 12.99 12.35 0.52 68.15
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 168 3.86 3.68 0 67.89
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 90 17.76 19.92 2.22 74.23
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 66 11.71 14.83 1.52 69.98
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 8あり 47 12.11 12.01 2.13 66.53
当診療科では肺の病気や呼吸器症状を有する患者さんに対して、質の高い医療を提供しております。以下の方に対して、経験豊富なチームスタッフが患者さん毎に病状や症状を判断した上で適切かつ質の高い医療を行っております。
(当科で対応している方)
・COPD(慢性閉塞性肺疾患)、気管支喘息、呼吸器感染症、間質性肺炎、肺癌、睡眠時無呼吸症候群などの肺の病気をお持ちの患者さん。
・息切れ、呼吸困難感、咳、痰などの呼吸器症状をお持ちの患者さん。
・健康診断や人間ドックのレントゲンなどで胸部異常陰影を指摘された患者さん。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 214 7.52 6.18 0.93 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 73 10.19 11.55 0 0.03
140500xx99x1xx 骨軟骨先天性形成異常 手術なし 手術・処置等2 あり 28 4.82 4.38 0 8.61
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 2.81 7.12 0 4.69
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 22 5.41 6.02 0 2.09
小児医療の多くの専門領域について各々の専門チームが高度で先進的な医療を提供しております。一方、多様化する周産期・小児疾患に対し、小児科単独では解決できない集学的医療を行うために、周産期・小児医療センターの一員として診療を行っております。出産から新生児・小児医療を担う内科系・外科系関連診療科の全てと連携し、診療科の壁を超えた専門医の密接なチームワークを通じて、患者さんやご家族の立場に立った全人的医療を目指します。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 170 4.86 10.53 0 51.5
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 161 4.76 9.15 0 62.89
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 90 4.59 7.72 0 67.83
020280xx97xxxx 角膜の障害 手術あり 85 4.15 11.07 1.18 66.27
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 58 4.41 7.01 0 64.86
眼科では、すべての眼疾患に対応できるように診療体制を整えております。 外来は午前中に眼科一般診療、午後には特殊外来を行っています。 手術、薬治など必要に応じて入院が行なわれています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 100 7.5 7.47 0 56.24
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 86 7.95 9.36 0 46.24
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 77 7.14 7.75 0 52.39
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 9.76 14.06 0 65.41
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 34 7.59 8.12 0 24.76
耳鼻咽喉科は耳や鼻、のどといった比較的、狭い領域を担当する診療科と考えられがちですが、実際は首から上の範囲をカバーしています。神経内科や脳神経外科が担当する脳と脊髄、眼科が担当する眼球を除いた頭部および頸部の広い領域も担当しています。また、担当する領域が広いだけではなく、風邪や花粉症、鼻出血、中耳炎、めまいなど、誰もが一度は経験するような疾患の診療(プライマリケア)から、聴力改善手術や頭頸部の治療などの専門性の高い診療まで広範な診療内容を特徴としています。このような診療内容から、最近では「耳鼻咽喉科・頭頸部外科」と呼ばれるようになっています。
腎臓・内分泌・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 81 5.94 6.12 0 51.3
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 49 13.69 14.91 2.04 67.8
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 40 6.35 7.58 0 51.53
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 37 13.3 14.61 0 64.3
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 13.18 12.84 8.82 56.97
腎臓・内分泌・代謝内科では、1.患者さんの生活習慣の全般を理解する、2.患者さんの体に起こっていることをすべて把握する、3.生涯にわたって患者さんと付き合う、ことに努めております。つまり、患者さんのトータルケアー、ライフロング(生涯にわたるという意味)ケアーを目指しております。肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常、高尿酸血症、そして動脈硬化症、腎臓障害、さらには癌(大腸癌や子宮癌などは肥満が発症を促進することがわかっています)などのすべてを理解しようとし、細心の注意をはらって患者さんの全身を診ていく、そして、症状のあるときもないときも、ずっと患者さんのそばにいて、その様子を見守っていく医師を目指しております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010130xx99x4xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等2 4あり 38 13.21 20.62 0 47.68
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 36 18.83 16.54 30.56 65.56
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 11.03 13.92 0 45.88
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 18.04 18.71 7.14 73.86
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 10.59 14.74 0 65.48
神経内科では、中枢神経(大脳・小脳・脊髄など)、末梢神経、筋肉を障害する様々な疾患を診療します。体の動きや感覚がおかしくなったり、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときに神経内科の病気を疑います。当科の病気の多くは、気分の変化や精神的な問題ではなく、脳神経や筋肉をみるとなにかしらの病気の原因がみつけられます。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 95 17.01 22.47 2.11 52.61
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 40 3.08 3.2 0 61.08
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 12.23 10.24 3.85 62.69
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 12.88 11.83 8 74.64
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 13.64 15.99 0 59.59
脳や脊髄の疾患(脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、機能的疾患、先天性脳疾患など)に対する外科治療を中心に診療を行い、より多くの患者さんに高度で先進的な医療を提供いたします。
また、先駆的なこころみも行い、脳神経外科学を発展させることにより、受診される患者さんのみならず日本および世界の人々に貢献いたします。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 68 20.78 24.7 4.41 56.47
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 54 11.44 16.98 0 76.13
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 43 3.44 4.87 2.33 71.84
050163xx01x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 43 28 29.69 2.33 67.23
050080xx9910xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 25 3.84 6.03 0 65.28
心臓血管外科では後天性心疾患(冠動脈疾患、心臓弁膜症、不整脈)、先天性心疾患、大動脈疾患等を対象に外科的治療を行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 61 7.97 9.91 0 7.75
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 43 9.14 7.91 0 48.21
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 20 5.05 5.8 0 37.35
140070xx01xxxx 頭蓋、顔面骨の先天異常 頭蓋骨形成手術 頭蓋骨のみのもの等 19 17.95 22.03 5.26 6.89
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 17 6.53 6.76 0 19.35
形成外科では、主として、体表の形態に関する疾患を扱います。生まれつきの体表形態の異常、外傷による変形・欠損、悪性腫瘍切除手術による組織欠損などが対象となります。
慶應義塾大学病院形成外科は、マイクロサージャリーによる腫瘍切除後の再建、頭蓋顎顔面外科、先天異常、外傷の各分野にて常に先進の治療に取り組んでいます。最近では、コンピュータによる手術結果の予測を行なうシミュレーション外科、コンピュータ支援外科の研究を進めています。
形成外科全般を取り扱っていますが、代表的な手術・疾患には、顕微鏡下血管吻合による遊離組織移植、顕微鏡下血管腫切除手術、頭蓋顎顔面外科、エクスパンダーを使用した小耳症耳介再建術、口唇口蓋裂などの先天異常、複雑な頭蓋顔面領域の骨折、骨欠損などがあります。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 170 10.64 12.73 0.59 66.46
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 41 3.07 3.68 2.44 69.71
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 28 9.18 12.35 0 61.61
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 8あり 27 6.81 12.01 0 61.59
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 7.9 10.09 0 33.86
当科では肺およびその他の胸部臓器の疾患を扱っています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 87 18.8 16.83 0 66.49
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 41 30.12 34.9 4.88 59.68
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 39 39.82 41.96 2.56 54.36
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2 5あり 20 19.85 25.11 5 64.95
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 18 10.28 14.53 0 68.67
血液内科では、健康診断で指摘された白血球・赤血球・血小板数の異常値や異常細胞の出現、リンパ節の腫脹、血液凝固の異常などから血液疾患が疑われた方だけでなく、かかりつけの医療機関で血液疾患(鉄欠乏性貧血、特発性血小板減少性紫斑病などの良性疾患や、白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍)と診断された方を対象として幅広く診療を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2 なし 40 15.95 30.11 2.5 60.05
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 25 12.52 11.97 4 63.28
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 22 8.32 8.96 0 69.73
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 21 3.62 4.28 0 46.19
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 21 7.57 8.78 0 64
皮膚科では、皮膚、爪、毛などに症状があるすべての疾患に対応できるような診療体制を整えております。皮膚科スタッフ一同が協力体制をとり、正確な診断と治療を通じて、最先端の医療を提供できるように努力しております。必要に応じて他科の医師にも相談するなど、連携し医療を提供します。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140460xx99x0xx 胆道の先天異常(閉鎖症) 手術なし 手術・処置等2 なし 43 3.42 5.27 0 10.23
070590xx99x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術なし 手術・処置等2 なし 19 3.26 5.82 0 6.11
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 14 4.57 3.29 0 2.57
180040xx99x1xx 手術・処置等の合併症 手術なし 手術・処置等2 1あり 11 20.64 17.85 0 10.64
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 4.5 10.33 10 5.3
小児外科では子どもの病気の中で手術や難しい処置が必要なものを幅広く診察し治療しています。私達は日本の小児外科の先駆けとして発足して以来、常に最先端の技術を求めながら、しかも患者さんの安心のできる医療を提供して、日本の小児外科医療をリードしてきました。小児外科では比較的よくみられる鼠径ヘルニアのような病気から非常に珍しく治療が困難な病気まで幅広く、患者さんが十分納得できる診療をおこなっています。
リウマチ・膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 93 24.43 17.77 5.38 52.92
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし 26 11.88 14.52 0 65.15
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 16 28 19.92 0 62.06
070560xx97x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術あり 手術・処置等2 なし 16 29.81 30.29 6.25 63.06
070470xx99x2xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 2あり 10 32.6 25.16 0 65.5
リウマチ・膠原病内科は関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎、強皮症、血管炎、シェーグレン症候群などのリウマチ・膠原病全般を主な診療対象としています。関節リウマチなどで生物学的製剤を使う患者さんには免疫統括医療センターでの診療も行っています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 13 11.08 27.63 100 82
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 8 7.52 23.08 51.54
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.87 - -
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等 - - 28.19 - -
160610xx99xxxx 四肢筋腱損傷 手術なし - - 12.91 - -
救急科はすべての救急疾患・外傷の診療を行い地域医療に貢献すると共に、卒前・卒後医学教育と研究活動を通じて、救急医療の向上に努めています。当院における救急車搬入数は年間約1万件と、国内トップクラスです。地域の健康危機に積極的に関与して社会に貢献しています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 26.44 19.35 0 49.92
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 26.4 16.7 0 59
010070xx99000x 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.62 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
010020x099x00x くも膜下出血、破裂脳動脈瘤(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.32 - -
リハビリテーション科は、主に神経・筋・骨格系の異常にもとづく運動機能障害者を対象として、医学的治療や治療的訓練を実施する診療科です。すなわち、疾患により生じた移動・身の回りの動作・コミュニケーションなどの障害に対して、失われた機能の回復をうながすとともに、残存能力を最大限に引きのばすための治療を行い、患者さんが家庭復帰や社会復帰ができるように援助しています。(リハビリテーションの役割)
当診療科で行う治療手段には、薬物療法、神経ブロック、運動療法および温熱・電気刺激などの物理療法(理学療法)、作業療法、言語聴覚療法、装具療法、義肢作製などがあります。患者さんの状態にあわせてこれらの治療法を組み合わせて効果的に実施します。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 156 19 11 20 39 53 1 7
大腸癌 74 26 32 33 59 46 1 7
乳癌 98 61 - - 15 54 1 7
肺癌 174 41 112 116 147 362 1 7
肝癌 23 27 12 - 34 225 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんについて、集計期間内に入院治療等を行った、初発患者さんのUICC病期分類によるステージ別延べ人数、および再発患者さんの延べ人数に分けて集計しています。
UICCの病期分類とは、T=原発層の大きさと進展度、N=所属リンパ節転移の程度、M=遠隔転移の有無の3つのカテゴリーによって各部位のがんをⅠ期からⅣ期のステージに分けて分類するものです。
「初発」とは、自施設において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者を診察した場合や、治療がんの寛解後に局所再発・再燃あるいはあらたな遠隔転移をきたした場合を指します。
当院においてステージに不明が多い理由としましては、検査入院症例で退院時までに検査結果が明らかにならないもの、または治療開始前のTNMが未確定なものが含まれるためです。
※10症例未満のものは表中-(ハイフン)で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 38 11.76 54.55
中等症 118 19.33 75.84
重症 25 25.08 84.16
超重症 - - -
不明 - - -
【定義】
入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPC 040080相当)で、さらにその中でもICD10コードがJ13~J18で始まるものを抽出しています。
【特徴】
市中肺炎とは
普段の社会生活の中でかかる肺炎の事であり、細菌やウイルスによって感染し急な炎症を引き起こすことで肺炎になります。
ただし、この指標では細菌による肺炎を集計しており、入院後発症の肺炎、インフルエンザなどのウイルス性肺炎や、誤嚥性肺炎などは集計対象外です。
20歳以上を対象とし成人市中肺炎診療ガイドラインによる重症度分類を用いて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
重症度分類の各因子が1つでも不明な場合は「不明」に分類しています。
※患者数が10名以下の場合は-(ハイフン)で表示しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 10 8.5 69.5 0
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 113 25.55 70.93 22.42
その他 52 23.52 67.87 3.64
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 25 13.4 71.08 3.85
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
【定義】
・脳の虚血性疾患の患者さんを対象として病型別・発症から入院までの日数別に、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を表しています。
・集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 196 1.01 1.03 0 40.6
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側,腹腔鏡) 等 157 1.29 5.02 0 40.96
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 等 157 0.25 1 0 40.29
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 155 1.44 4.79 0 39.39
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 等 150 5.77 6.13 0 37.34
産婦人科で最も多かった手術は、「子宮頸部(腟部)切除術」で、年間196人の患者さんに対して手術を行っており、平均して術後約1日で退院されております。2番目に多かった手術は、「子宮附属器腫瘍摘出術(両側,腹腔鏡) 等」で年間157人の患者さんに対し手術を行っており、平均して術後約5日で退院されております。3番目に多かった手術は「子宮内膜ポリープ切除術 等」で入院日当日に手術を行うことが多く、年間157人の患者さんに対し手術を行っており、術後は平均して1日ほどで退院されております。 当院産婦人科ではこれらの手術以外にも幅広い手術を行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等 799 0.27 1.02 0 73.34
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 等 205 0.52 3.33 0.49 60.56
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 等 173 0.92 2.95 0 63.29
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 等 70 0.73 1.21 0 63.16
K259 角膜移植術 63 0.56 2.79 1.59 62.7
眼科の手術は、「水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等」(799名)で、平均して術前日数0.27日、術後日数1.02日で退院されています。2番目に多い「硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 等」(205名)については、平均して術前日数0.52日、術後日数3.33日で退院されており、次いで「硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 等」(173名)は平均して術前日数0.92日、術後日数2.95日と、いずれも入院翌日には手術を行え、術後日数も短くなっています。
一般・消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 93 2.31 4.23 0 57.55
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 78 2.21 3.95 0 59.44
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 73 3.3 11.58 1.37 67.38
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 68 0.29 1.1 0 70.99
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍) 等 68 2.51 12.24 0 66.13
一般・消化器外科で最も多かった手術は、「乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等」(93名)平均して術後4.23日で退院されています。2番目に多かった手術は、「腹腔鏡下胆嚢摘出術」(78名)となっており、平均して術後3.95日で退院されており、次いで「腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術」(73名)については、平均して術後11.58日となっております。
当院一般・消化器外科ではこれらの手術以外にも幅広い手術を行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 等 262 2.12 17.47 28.63 67.77
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 等 107 2.36 9.29 1.87 70
K142-21 脊椎側彎症手術(固定術) 等 103 2.45 11.58 2.91 15.73
K1911 脊髄腫瘍摘出術(髄外) 等 53 2.85 16.21 18.87 53.87
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 53 2.38 12.04 5.66 65.06
整形外科では、「人工関節置換術(股) 等」(262名)が多く、平均して術前日数が2.12日、術後日数が17.47日で退院されています。2番目に多い「脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 等」(107名)については、平均して術前日数2.36日、術後日数が9.29日で退院されており、次いで「脊椎側彎症手術(固定術) 等」(103名)については、術前日数が2.45日、術後日数が11.58日となっております。
当院整形外科ではこれらの手術以外にも幅広い手術を行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 等 283 1.13 2.26 0.35 60.69
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 等 230 1.79 2.47 0.87 72.19
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術 経皮的大動脈弁置換術 等 146 3.76 7.24 10.96 84.08
K570-3 経皮的肺動脈形成術 63 1.37 11.27 1.59 66.79
K574-2 経皮的心房中隔欠損閉鎖術 58 1.03 2.16 1.72 55.62
循環器内科の手術は、「経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 等」(283名)と「経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 等」(230 名)が最も多く、ともに術後は平均2.5日ほどで退院されております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 129 1.2 3.78 0.78 67.09
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下 等 113 1.04 4.07 0 69.56
K7211 内視鏡的結腸粘膜切除術(長径2?未満) 等 77 1.64 2.22 0 69.75
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 67 2.28 8.46 4.48 71.93
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 その他のポリープ・粘膜切除術 等 59 1.32 3.63 1.69 63.25
内視鏡治療の中でも、「早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)」は、消化管の内腔から粘膜層を含めた粘膜下層までを剥離し、病変を一括切除する方法で行います。入院当日、もしくは翌日には治療を行え、対象となる129名の平均術後日数は3.78日となっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 等 116 1.95 6 0 71.99
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 78 1.03 3.69 0 64.15
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 等 54 1.94 6.52 0 66.96
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 等 52 1.42 6 0 72.31
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 41 1.32 7.15 2.44 62.12
泌尿器科では、「膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 等」(116名)が最も多く、平均して術前日数が1.95日、術後日数6日で退院されております。2番目に多い「経尿道的尿管ステント留置術」(78名)の場合は、平均して術前日数、1.03日、術後日数3.69日で退院されており、次いで、「腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 等」(54名)の場合は、術前日数が1.94日、術後日数6.52日となっております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 92 1.1 5.76 0 46.95
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術?型(選択的(複数洞)副鼻腔 等 53 0.98 5.51 0 57.06
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術?型(汎副鼻腔手術) 等 45 1.02 5.91 0 53.91
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 等 40 1.38 1.1 0 58.2
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 35 1.06 5.77 0 26.46
耳鼻咽喉科の手術は「鼓室形成手術」の手術が最も多く、年間92人の患者さんに対して手術を行っています。2番目に多い「内視鏡下鼻・副鼻腔手術?型(選択的(複数洞)副鼻腔 等」は年間53人、3番目に多い「内視鏡下鼻・副鼻腔手術?型(汎副鼻腔手術) 等」は年間45人となっており、いずれも入院日翌日に手術を行うことが多く、術後は平均して6日以内に退院されております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 40 1.03 6.73 2.5 48.48
K4073イ 顎・口蓋裂形成手術(顎裂を伴うもの)(片側) 等 26 1.23 5.96 0 8.92
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) 等 22 1.64 6.36 0 28
K0053 皮膚腫瘍摘出術(露出部)(長径4?以上) 等 21 1.1 2.81 0 20.52
K0102 瘢痕拘縮形成手術(その他) 等 13 1 5.15 0 33.69
形成外科で最も多かった手術は「ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)」で年間40名となっており、次いで「顎・口蓋裂形成手術(顎裂を伴うもの)(片側) 等」が26名、「皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) 等」が22名と続き、いずれも術後平均して6~7日前後で退院されております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 等 121 3.79 20.18 7.44 52.89
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 28 0.36 17.46 10.71 75.64
K1781 脳血管内手術(1箇所) 等 27 2.04 10.59 7.41 59.74
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 24 2.25 15.75 8.33 59.5
K1742 水頭症手術(シャント手術) 等 22 5.73 14.73 9.09 58.64
脳神経外科の手術では「頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 等」が最も多く、患者数は121人、平均術前日数は3.79日、平均術後日数は20.18日となっております。2番目に多い手術は「慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等」であり、患者数は28人、平均術前日数は0.36日、平均術後日数は17.46日、3番目の多い手術は「脳血管内手術(1箇所) 等」で、患者数は27人、平均術前日数は2.04日、平均術後日数は10.59日となっております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁のもの) 等 36 4.28 23.56 5.56 65.47
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 等 31 2.9 15 3.23 75.32
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 等 24 2.21 5.67 0 75.67
K5741 心房中隔欠損閉鎖術(単独のもの) 等 22 3.36 9.14 0 33.05
K5541 弁形成術(1弁のもの) 等 21 2.81 14.05 0 50.38
心臓血管外科で最も多い手術は「弁置換術(1弁のもの) 等」であり患者数は36人、手術後は平均して23.56日で退院されております。2番目に多い「ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 等」は患者数31人、術後平均は15日、次いで「ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 等」が患者数24人、術後平均5.67日で退院されております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 等 102 3.08 6.93 0.98 65.82
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 等 46 2.8 6.78 0 67.52
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 等 20 2.35 4.6 0 33.95
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 18 2.06 4.61 0 50.44
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 等 15 2.47 6.73 0 66.13
呼吸器外科の手術は、肺悪性腫瘍手術が中心で、胸腔鏡下で行うものと、開胸して行う手術があります。
胸腔鏡下手術は、患者さんに負担をかけない低侵襲手術ですので、術後の日数は開胸して行う手術よりも短くなります。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 等 28 1.04 1.18 0 2.71
K836 停留精巣固定術 14 1.21 1.14 0 2.43
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 等 11 2.82 7.64 0 6.09
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 10 1.4 1 0 3.4
K689 経皮経肝胆管ステント挿入術 - - - - -
小児外科では、「ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)」の手術が最も多く、腹腔鏡下を合わせると年38人の患者さんに対して手術を行っています。2番目に「停留精巣固定術」の手術が多く年間14人の患者さんに対し手術を行っており、いずれも短期間で退院されております。
※情報公開の規定で集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 43 3.95 6 0 65.4
K0062 皮膚腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 等 18 1.61 1.72 0 50.67
K0051 皮膚腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 等 12 1 1.17 0 45
K0052 皮膚腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 10 1.3 1 0 45.3
K0063 皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 等 - - - - -
皮膚科では、「皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 等」の手術が最も多く、年43人の患者さんに対して手術を行っており、平均して術後は6日で退院されております。2番目以降は「皮膚腫瘍摘出術」が多く、いずれも術後2日以内といった短期間で退院されています。
※情報公開の規定で集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。
腎臓・内分泌・代謝内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 45 10.38 12.64 4.44 67.84
K616-4 経皮的シャント拡張術 等 15 5.53 10.33 13.33 71.67
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 11 2.45 15.55 0 59.82
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 等 10 6.9 7.6 0 63.6
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 等 - - - - -
腎臓・内分泌・代謝内科で行う手術は、透析を行うための「内シャント設置術 等」の手術が最も多く、年間45人の患者さんに対して手術を行っている他、「経皮的シャント拡張術 等」は年間15人、「連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術」は年間11人の患者さんに対し行っております。
※情報公開の規定で集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K570-3 経皮的肺動脈形成術 15 2.67 6.47 0 5.27
K5621 動脈管開存症手術 経皮的動脈管開存閉鎖術 等 - - - - -
K9212ロ 自家末梢血幹細胞採取 等 - - - - -
K5551 弁置換術(1弁のもの) - - - - -
K574-2 経皮的心房中隔欠損閉鎖術 - - - - -
※入院中に稀に他の病気に対して、その疾患の専門医による手術を行うことがあり、小児科入院期間中に行った手術が上記に表示されております。
※情報公開の規定で集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 13 0.15 5.62 69.23 59.23
K0462 骨折観血的手術(下腿) 等 11 0 13.64 27.27 45
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
K6151 血管塞栓術(腹腔内血管)(止血術) 等 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
当院の救急入院は、入院時に専門の診療科で担当することが多く、救急科としてのDPC入院についての情報は上記の通りとなります。
※情報公開の規定で集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 自家末梢血幹細胞採取 等 20 15.5 5.3 0 50.95
K9211ロ 造血幹細胞採取(骨髄採取)(自家移植) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 等 - - - - -
K5611 ステントグラフト内挿術 胸部大動脈 - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
血液内科では「造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 等」の手術を年間20人の患者さんに対して行っております。
※入院中に稀に他の病気に対して、その疾患の専門医による手術を行うことがあり、血液内科入院期間中に行った手術が上記に表示されております。
※情報公開の規定で集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む) 11 431.64 52.09 45.45 79.91
K386 気管切開術 等 - - - - -
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
神経内科では「胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む) 等」の手術を、年間11人の患者さんに対して手術を行っております。
※入院中に稀に他の病気に対して、その疾患の専門医による手術を行うことがあり、神経内科入院期間中に行った手術が上記に表示されております。
※情報公開の規定で集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 14 0.06
180010 敗血症 同一 27 0.12
異なる 17 0.08
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 113 0.51
異なる 12 0.05
※病名の定義
・播種性血管内凝固症候群:元来、正常な血管内では、血液が固まらない仕組みをもっています。何らかの原因によって、血液が固まる力が強くなり、様々な場所で血液が固まってしまい、この血栓により臓器不全などを引き起こすこともある重症な病気です。
・敗血症:細菌感染が血液や全身にまでおよぶ重症な症状を引き起こす病気です。
・真菌症:真菌(カビの一種)による感染症です。

【定義】
・集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。
・DPCコードとは病名による主要分類を表しております。
・入院契機病名とは今回入院し治療する必要があると判断する根拠となった病名です。
同一ということは、入院する根拠となった病気を継続して入院中も治療が行われたことを表しております。
異なるとは、ある病気の治療目的で入院となったが、併存していた、または入院中に発生した違う病気による治療が主となってしまったことを表しております。
・発症率とは、全入院患者さんのうち、該当する病名で発症した患者さんの割合です。
更新履歴
2017.09.28
平成28年度のデータに更新しました。