地域がん診療連携拠点病院としての取り組み

がん診療連携拠点病院とは、『がん診療連携拠点病院の整備について』(厚生労働省健康局長通知)に基づき、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、厚生労働省より指定された病院を指します。

『がん診療連携拠点病院』には2種類あり、都道府県ごとに概ね1ヶ所ずつ指定した『都道府県がん診療連携拠点病院』と、『地域がん診療連携拠点病院』があり、当院は、平成23年4月に『地域がん診療連携拠点病院』として指定を受けました。

慶應義塾大学病院は、東京都が11に分けた地域の「区西部」に該当し、新宿区・中野区・杉並区を中心とする地域のがん診療の拠点となっています。
都内のがん診療連携拠点病院等と協力して、情報共有、相互評価を行い、がん診療の質の向上に努めています。

「がん診療連携拠点病院」では、専門的ながん医療の提供、地域の医療施設との連携、がん患者さんに対する相談支援及び情報提供等を行っています。

がん診療連携拠点病院の役割

地域のがん診療の連携協力体制の構築

地域の医療機関や福祉施設と、がん患者さんのつなぎ役を担います。

東京都医療連携手帳(がん地域連携クリティカルパス)
慶應義塾大学病院では、医療連携の適したがん患者さんに、安全で質の高い医療を切れ目なく提供するため、5大がん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん・乳がん)及び前立腺がんの地域連携クリティカルパス「東京都医療連携手帳」を利用して、地域の医療機関との連携を図っています。
緩和ケア連携
東京都区西部緩和ケア推進事業 看護師部会、介護・福祉部会で「わたしの道しるべ がんと共に生きる人々へ」を作成しました。医療・福祉機関のがんや療養に関する相談窓口等(新宿・杉並・中野)をまとめています。    
「目次」
 ・これからの選択のために
 ・からだ  ”この先いったいどうなるの?”
 ・こころ  ”ひとりで悩んでいませんか?”
 ・くらし  ”これからの生活をかんがえてみよう”
 ・新宿MAP
 ・杉並MAP
 ・中野MAP
 ・支える人々  ”身近な療養サポーター”
 ・支える人々  ”わたしの場合”
 ・医療機関/福祉機関一覧
この冊子を通じて、気持ちや症状を整理し、どんな手助けを求めていくとよいか、それはどこで受けられるのか、どこに相談するとよいのかなど・・・みなさまが次の一歩を踏み出すヒントとなればと考えています。
詳細は以下PDFをご覧ください。

院内がん登録について

「がん登録等の推進に関する法律」および「院内がん登録の実施に係る指針」に即して、当院でがんの診断、治療を受けたすべての患者さんのがんの種類や治療内容等を「院内がん登録標準登録様式」に則り、院内がん登録実務者研修を受けた専任のスタッフが登録を行っています。また、国立がん研究センターの予後調査支援事業に参加し、定期的に登録されたデータの生存確認調査も行っています。

当院は地域がん診療連携拠点病院として、国立がん研究センターが年1回実施する全国集計に院内がん登録の情報を提出しています。施設ごとに集計、公表がなされ、がん診療の実態を全国的に把握することができます。
またこの院内がん登録情報は、東京都へも提出しており(東京都地域がん登録)、東京都のがん対策にも役立てられています。

さらに、2016年1月の「がん登録等の推進に関する法律」の施行に伴い、「全国がん登録」が始まりました。
各自治体で取りまとめた情報が国のデータベースに集約され、統計情報として一般公開されると同時に、国のがん対策やがん研究に役立てられます。

院内がん登録情報は、「がん登録等の推進に関する法律」、当院の「個人情報に関する規定」に基づき、細心の注意を払い適切に保護、管理しています。

院内がん登録実績