ページ本文にジャンプ
メニューにジャンプ


Home > 慶應病院のご案内 > 病院長の挨拶

病院長の挨拶


病院長の顔写真

病院長 竹内 勤

慶應義塾は安政5年(1858年)に福澤諭吉によって創立され、平成20年(2008年)には創立150年を迎えました。私学の特徴を十分に生かし、西欧文化をいち早く取り入れた総合学塾として我が国の文化、政治・経済、科学、工学、芸術、スポーツなど多くの分野でその発展に貢献してきました。医学部は大正6年(1917年)に医学科予科として開設され、大学病院は3年後の大正9年(1920年)に開院いたしました。2017年には、医学部創立100年を迎えようとしています。

慶應義塾大学病院は、開院以来、創立者 福澤諭吉の「独立自尊」、「実学」の精神にもとづき、初代医学部長・病院長 北里柴三郎が医学部創立時に説いた「基礎・臨床一体型の医学・医療の実現」「学力は融合して一家族の如く、全員挙(こぞ)って努力する」ことを実践してまいりました。この志を継承し、病院の理念に掲げる (1)患者さんに優しく、信頼される患者中心の医療、(2)先進的医療の開発と安全・安心な医療、(3)人間性と深い知性を有する医療人の育成、この3点を着実に実践できているか、実証する姿勢をもって医療スタッフ一同、実行してまいります。

大学病院の近隣には神宮外苑、絵画館、国立競技場、神宮球場、新宿御苑など緑豊かな都心に位置し、交通の便もJR信濃町駅前という恵まれた環境下にあります。2万坪を越える広大なキャンパス内にある大学病院は、29の診療科と17の中央診療部門等に、研修医を含めると850名を超える臨床系医師が各専門分野に配属され、一日平均の外来患者数は約3000人、その約7割は全国各地からの紹介患者であり、一日の入院患者数も約900人を数えます。さらに、年間2万人以上の救急患者を受け入れ、手術件数も1万3千件に及んでいます。また、特定機能病院として先進医療を提供するとともに、100を超える全国の関連病院等との人事交流や医療連携を通して地域医療にも取り組んでいます。

このように大学病院は、その使命である「診療・教育・研究・社会貢献」いずれの分野においても教職員が一体となり、チームワークで下記の理念のもとに、受診者と社会からの期待に応えるべく、今後もたゆまぬ努力を続けてまいります。

病院長 竹内 勤

慶應義塾大学病院の理念

患者さんに優しく患者さんに信頼される患者さん中心の医療を行います

先進的医療を開発し質の高い安全な医療を提供します

豊かな人間性と深い知性を有する医療人を育成します

人権を尊重した医学と医療を通して人類の福祉に貢献します