ページ本文にジャンプ
メニューにジャンプ


神経内科

ご案内

神経内科では、中枢神経(大脳・小脳・脊髄など)、末梢神経、筋肉を障害する様々な疾患を診療します。

当診療科の対象疾患は次のようになっております

脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、くも膜下出血、ウィリス動脈輪閉塞症)、パーキンソン病、進行性核上性麻痺、多系統萎縮症(オリーブ橋小脳萎縮症、シャイドレーガー症候群、線条体黒質変性症)、その他のパーキンソン症候群、晩発性小脳皮質萎縮症、遺伝性小脳失調症(SCA1, SCA2, SCA3, SCA6)、その他の脊髄小脳変性症、アルツハイマー病、レビー小体型認知症、前頭側頭葉型認知症、クロイツフェルトヤコブ病、その他の認知症、重症筋無力症、多発筋炎、進行性筋ジストロフィー、筋強直性ジストロフィー、その他のミオパチー、多発ニューロパチー、ギランバレー症候群、フィッシャー症候群、シャルコー・マリー・トゥース病、緊張性頭痛、片頭痛、群発性頭痛、髄膜炎、脳炎、肥厚性硬膜炎、進行麻痺、多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、進行性多巣性白質脳症、副腎白質ジストロフィー、てんかん、筋萎縮性側索硬化症、痙性対麻痺、脊髄性進行性筋萎縮症、ハンチントン病、ウィルソン病、ミトコンドリア脳筋症、その他の遺伝性神経疾患、顔面神経麻痺、動眼神経麻痺、滑車神経麻痺、外転神経麻痺、その他の脳神経麻痺、顔面痙攣、眼瞼痙攣、痙性斜頸、書痙、本態性振戦、周期性四肢麻痺、脊髄空洞症、平山病、三叉神経痛

当診療科では次のような症状を扱っております

・頭が痛い(頭痛)
・手足のふるえ
・手足の脱力
・手足の硬直感
・手足のしびれ、感覚障害
・めまい
・ふらつき
・歩行障害
・けいれん発作
・意識障害
・気を失った(失神)
・記憶力の低下
・認知症
・記憶障害
・ものがだぶって見える(複視)
・嚥下困難
・言葉のもつれ

外来担当医

外来担当医一覧

午前診察室
15 鈴木 則宏 清水 利彦 高橋 愼一 柴田 護 鈴木 重明 伊東 大介
初診・再診 初診・再診 初診・再診 初診・再診 初診・再診 初診・再診
16 伊藤 義彰 高橋 慎一 柴田 護 長田 高志 鈴木 則宏 柴田 護
脳卒中外来 再診 再診 脳卒中外来 頭痛外来 頭痛・てんかん外来
17 二瓶 義廣 長田 高志 安部 貴人 大木 宏一 安部 貴人 中原 仁
再診 再診 再診 再診 再診 多発性硬化症
午後診察室
15 安部 貴人 清水 利彦 高橋 愼一
フリーは受付不可
柴田 護 鈴木 重明 伊東 大介






16 伊藤 義彰 鈴木 重明 伊東 大介
清水 利彦
脳卒中外来 重症筋無力症外来

頭痛外来
17 関 守信 関 守信 中原 仁 鳥海 春樹(はり師) 関 守信 馬島 恭子
パーキンソン外来 パーキンソン外来
はり治療外来 ボトックス外来 ボトックス外来

診察受付時間等は 外来診療のご案内 をご覧ください。

※学会等により担当医が変わる場合がありますのでご了承下さい。


外来担当医専門分野一覧

(◎:診療部長 ○:診療副部長)
◎鈴木 則宏神経内科全般,頭痛
日本内科学会総合内科専門医、日本神経学会神経内科専門医、日本脳卒中学会脳卒中専門医、日本頭痛学会頭痛専門医、日本認知症学会認知症専門医
○高橋 愼一神経内科全般
日本内科学会認定内科医、日本神経学会神経内科専門医、日本脳卒中学会脳卒中専門医、日本頭痛学会頭痛専門医
 伊藤 義彰神経内科全般、脳血管障害
日本内科学会総合内科専門医、日本神経学会神経内科専門医、日本脳卒中学会脳卒中専門医、日本頭痛学会頭痛専門医
 清水 利彦神経内科全般,頭痛
日本内科学会認定内科医、日本神経学会神経内科専門医、日本脳卒中学会脳卒中専門医、日本頭痛学会頭痛専門医
 伊東 大介神経内科全般、認知症
日本神経学会神経内科専門医、日本認知症学会認知症専門医、日本内科学会認定内科医
 柴田 護神経内科全般、頭痛
日本内科学会総合内科専門医、日本神経学会神経内科専門医、日本頭痛学会頭痛専門医
 鈴木 重明神経内科全般、神経免疫疾患
日本内科学会総合内科専門医、日本神経学会神経内科専門医、日本頭痛学会頭痛専門医
 吉崎 崇仁神経内科全般、ボトックス
 
 小泉 健三神経内科全般
日本内科学会認定内科医、日本神経学会神経内科専門医、日本脳卒中学会脳卒中専門医、日本頭痛学会頭痛専門医
 此枝 史恵神経内科全般
日本神経学会神経内科専門医、日本内科学会認定内科医
 岩下 達雄神経内科全般
日本内科学会認定内科医、日本頭痛学会頭痛専門医
 関 守信神経内科全般
日本神経学会神経内科専門医、日本内科学会認定内科医
 二瓶 義廣神経内科全般
日本神経学会神経内科専門医、日本内科学会認定内科医
 山田 哲神経内科全般
日本神経学会神経内科専門医、日本内科学会認定内科医
 石原 傳幸筋疾患
日本神経学会神経内科専門医、日本内科学会認定内科医
 植松 大輔神経内科全般、脳血管障害
日本内科学会総合内科専門医、日本神経学会神経内科専門医、日本脳卒中学会脳卒中専門医

主な検査内容のご案内

当診療科で実施している検査内容は次のようになります。

CT:
頭蓋内病変の検出に有用な検査です。特に、急性期の出血性病変の検出に有用です。病変を描出するために、造影剤を注射することもあります。

MRI:
頭蓋内および脊髄の細部の病変の検出に有用です。病変の性状を確認するため、造影剤を注射することもあります。

MRA:
造影剤を注射することなく、頚部および頭蓋内の主要血管の比較的大きな病変の検出のために行います。

頸動脈超音波検査:
頸動脈など脳へ行く主要な血管の動脈硬化や狭窄、閉塞の有無を調べるために行います。

筋電図:
末梢神経や手足の筋肉疾患の原因診断や鑑別診断、治療効果判定などのために行います。

頭蓋レントゲン写真:
頭蓋骨病変の診断のために行います。(頭痛などの原因精査のために必要な検査です)

頚椎レントゲン写真:
頚椎病変の診断のために行います。(頭痛や手のしびれなどの原因精査のために必要な検査です)

自律神経機能検査:
立ちくらみ、失神、発汗異常など自律神経疾患が疑われる場合、連続的に動脈圧や脈拍数などを記録しながら、各種負荷テストを行います。

脳血流シンチグラフィ(SPECT):
微量のアイソトープ(放射線同位元素)を用いて脳内の各部位の脳血流量を測定する検査で、脳血管障害や各種認知症疾患などの診断や治療効果の判定に有用な検査です。

ゼノンCT脳血流検査:
CTの装置を用いて行う脳血流検査で、脳血管障害や各種認知症疾患などの診断や治療効果の判定に有用な検査です。

脳波:
大脳の活動電位を記録することで、各種てんかん発作の診断や治療効果の判定、意識障害のある方の診断に有用な検査です。
髄液(腰椎穿刺):
腰椎のレベルで脊髄腔を満たしている液(髄液)を採取し、脳脊髄の出血性病変や感染・炎症性病変などの診断に有用な検査です。
筋肉生検:
大腿部や上腕部などより少量の筋肉を取り、種々の組織診断を行う検査です。各種筋肉疾患の鑑別診断、治療方針決定などのために重要な検査です。入院していただいて行います。
末梢神経生検:
下肢などの末梢神経を一部分取り、種々の組織診断を行う検査です。各種末梢神経疾患の鑑別診断、治療方針決定などのために重要な検査です。入院していただいて行います。

特殊診療施設のご案内

当診療科の特殊診療(施設)についてご紹介します。

脳卒中外来(木曜日午前・午後):
脳血管疾患(脳梗塞・脳出血など)の患者さまを専門に診療します。

パーキンソン外来(火曜日午後):
パーキンソン病・パーキンソン症候群の患者さまを専門に診療します。

神経免疫疾患外来(木曜日午後):
重症筋無力症・多発性硬化症・筋炎・多発神経炎などの患者さまを専門に診療します。

頭痛外来(金曜日午前・午後,土曜日午前):
片頭痛はじめ様々な頭痛の患者さまを専門に診療します。

ボトックス外来(金曜日午後):
眼瞼痙攣、顔面痙攣の患者さまにボツリヌス毒素療法を行います。

神経疼痛疾患はり治療外来(木曜日午後):
頭痛(片頭痛・緊張型頭痛など)の患者さまを中心にはり治療をいたします。



・当診療科の詳細ホームページ




−最終更新年月日;2014年04月15日 12時32分23秒−