心臓血管外科

ただいま、お知らせはございません。

教育内容

初期臨床研修で習得したプライマリケアの基本的診療能力を基礎として、より専門的な心臓血管外科および関連領域に関する系統的な研修を行います。

 最初の2年間で、関連病院、大学病院における臨床研修を行い後半は、慶應義塾大学病院にて、臨床および研究を行う計5年間のプログラムです。心臓血管外科への入門は外科学教室への入局時でも2年間の出向を修了した時点でも可能です。
基礎研修(卒後3・4年目)
■1,2年目:
関連施設の一般消化器外科に所属し、患者診療の基礎および基本的手術手技を習得。2年目に心臓外科入局も可能です。
                     
専門研修(卒後5・6・7年目)
■3・4年目:
大学病院または関連施設において、主治医として心臓血管外科患者にたいするチーム医療に携わります。

■5年目:
臨床研修の総括として、チーフレジデントの立場で病棟運営に参画します。また、スタッフと共に若手医師の教育にも携わり、適切な症例において術者として手術を執刀します。

専門研修後
■6年目:
適切な症例において術者として手術を執刀します。病棟配属がないため比較的時間にゆとりがあるため基礎医学研究室などとも連携をとって研究テーマに沿った実験を進めます。研究でも一定の成果をあげ、国内での主要学会、国際学会での発表を積極的に行い、研究成果を一流学術誌に報告します。

主な実績

名称 件数 備考
弁膜症手術 127件 2013年
冠動脈手術 30件 2013年
大動脈手術(末梢血管を除く) 146件 2013年
先天性 94件 2013年

医療連携・紹介制度について

主治医や担当の看護師と連携しながら、患者さんが安心して療養生活が送れるよう、以下のご相談に応じております。

募集・採用について

当科の特色は、弁膜症、冠動脈疾患、先天性心疾患、大動脈疾患などすべての心臓血管疾患の外科治療を活発に行っていることにあります。スタンダードな心臓血管外科手術の他に、低侵襲心臓手術(MICS)・大動脈ステントを導入し、肉体的にも精神的にも患者さんに優しい手術を目指しています。また、途中入局の方を受け入れています。低侵襲手術(MICS)および大動脈ステントについてのみを集中的にトレーニングしたい方を一時的に受け入れることも出来ます。

連絡先

より詳しい情報は当部門の専用webサイトをご覧ください。

  • 電話03-3353-1211
  • FAX03-5379-3034
  • MAILkeio.cvs.2331@gmail.com

当部門のwebサイト

受診について

  • 当院では患者さんの待ち時間を短縮するため、予約制を導入しています。
  • ご予約方法は一般の患者さんと医療関係の方で異なります。