内視鏡センター

ただいま、お知らせはございません。

研究内容

一般・消化器外科や腫瘍センターとも連携し、内視鏡を用いた消化管疾患に対する臨床研究、基礎研究、機器開発研究を積極的に行っています。腫瘍センターが有する大動物を用いた内視鏡研究なども積極的に推奨しています。特殊光や顕微鏡レベルまで観察可能な超拡大内視鏡を用いた炎症性腸疾患に合併した大腸癌の診断や予後予測因子の検討に関する研究や、CEを用いた潰瘍性大腸炎患者に対する大腸検査や、MR enterography とBEを用いたクローン病患者に対する小腸病変の評価など、最先端の診断学を学ぶこともできます。

教育内容

研修医や学生は、まず練習装置を用いて、内視鏡挿入や操作方法、観察の手順、撮影のポイントを理解し練習します。研修医は指導医とマンツーマンで検査にあたり、内視鏡写真の読影を一緒に行います。消化器専修医は、入局1-3年目に上部・下部消化管検査を行い、2年目以降、希望に応じ、治療内視鏡やERCPに携わることも可能です。3年間で消化器内視鏡全般の経験を積み、その後は、エキスパートの育成を目指します。当センターでは、ESDなどの内視鏡治療で著名な腫瘍センターの矢作教授を始めとした多数の指導医が若手医師に対する教育を積極的に行っています。また、各科医師が集まる合同クラスターカンファレンスを毎週開催し、症例検討のみならず、国内外のゲストをお招きした教育講演も頻回に行っています。

主な実績

名称 件数 備考
検査総数 15494 件 2020年度
上部内視鏡 ESD(食道・胃・十二指腸) 90・123・93 件
下部内視鏡 下部EMR・下部ESD 657・99 件
カプセル内視鏡 44 件
胆道内視鏡 1029 件
気管支鏡 147 件

医療連携・紹介制度について

主治医や担当の看護師と連携しながら、患者さんが安心して療養生活が送れるよう、以下のご相談に応じております。

連絡先

より詳しい情報は当部門の専用webサイトをご覧ください。

  • 電話03-3353-1211 (代表)

当部門のwebサイト