神経内科

概要

神経内科では、中枢神経(大脳・小脳・脊髄など)、末梢神経、筋肉を障害する様々な疾患を診療します。体の動きや感覚がおかしくなったり、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときに神経内科の病気を疑います。当科の病気の多くは、気分の変化や精神的な問題ではなく、脳神経や筋肉をみるとなにかしらの病気の原因がみつけられます。

特色・方針・目標

外来
 当院の外来は、初診の患者様のうち他院からの紹介の割合が高いのが特徴です。紹介された患者様の中には特殊な疾患・難病が多く含まれており、大学病院として社会から高度な専門性を求められているといえます。
 また通院されている患者様の疾患は、その種類が多岐にわたっているのも特徴です。その中でも、パーキンソン病、認知症、頭痛、ボトックス、神経免疫、多発性硬化症については専門外来を設置し、それぞれの疾患を専門分野とするスタッフが診察・治療にあたっています。

入院
 入院の契機となった疾患について特徴的なのは、脳梗塞、脳出血を含めた急性期脳血管障害が入院全体の1/3を占めることです。 その一方で、多彩な神経内科的疾患が含まれているのも特徴です。多発性硬化症に代表される脱髄疾患や、感染症としての脳炎・髄膜炎、パーキンソン病や脊髄小脳変性症といった変性疾患などが入院全体の1/2を占め、広範囲な疾患に診察・治療の実績があります。
 その他には末梢神経障害、筋疾患や重症筋無力症」が入院全体の1/6を占めており、たいへん多彩な疾患を網羅しています。

対象疾患は次のようになっております

  • 脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、くも膜下出血、ウィリス動脈輪閉塞症)
  • パーキンソン病
  • 進行性核上性麻痺
  • 多系統萎縮症(オリーブ橋小脳萎縮症、シャイドレーガー症候群、線条体黒質変性症)
  • その他のパーキンソン症候群
  • 晩発性小脳皮質萎縮症
  • 遺伝性小脳失調症(SCA1, SCA2, SCA3, SCA6)
  • その他の脊髄小脳変性症
  • アルツハイマー病
  • レビー小体型認知症
  • 前頭側頭葉型認知症
  • クロイツフェルトヤコブ病
  • その他の認知症
  • 重症筋無力症
  • 多発筋炎
  • 進行性筋ジストロフィー
  • 筋強直性ジストロフィー
  • その他のミオパチー
  • 多発ニューロパチー
  • ギランバレー症候群
  • フィッシャー症候群
  • シャルコー・マリー・トゥース病
  • 緊張性頭痛
  • 片頭痛
  • 群発性頭痛
  • 髄膜炎
  • 脳炎
  • 肥厚性硬膜炎
  • 進行麻痺
  • 多発性硬化症
  • 急性散在性脳脊髄炎
  • 進行性多巣性白質脳症
  • 副腎白質ジストロフィー
  • てんかん
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 痙性対麻痺
  • 脊髄性進行性筋萎縮症
  • ハンチントン病
  • ウィルソン病
  • ミトコンドリア脳筋症
  • その他の遺伝性神経疾患
  • 顔面神経麻痺
  • 動眼神経麻痺
  • 滑車神経麻痺
  • 外転神経麻痺
  • その他の脳神経麻痺
  • 顔面痙攣
  • 眼瞼痙攣
  • 痙性斜頸
  • 書痙
  • 本態性振戦
  • 周期性四肢麻痺
  • 脊髄空洞症
  • 平山病
  • 三叉神経痛

次のような症状を扱っております

・頭が痛い(頭痛)
・手足のふるえ
・手足の脱力
・手足の硬直感
・手足のしびれ、感覚障害
・めまい
・ふらつき
・歩行障害
・けいれん発作
・意識障害
・気を失った(失神)
・ものがだぶって見える(複視)
・嚥下困難
・言葉のもつれ

検査内容のご案内

主な実績

2012年度、2013年度の慶應義塾大学病院神経内科の外来初診患者様は年間でそれぞれ、821人と775人でした。再診の患者様は月平均で2362.5人(延べ人数)と、たいへん多くの患者様が通院されています。
2012年度、2013年度の当院神経内科の入院患者数の推移およびその入院の契機となった疾患の内訳をグラフに示しました。入院実患者数は月平均で80.5人でした。時には月に100人近くの患者様が入院されることもあり、神経内科固有床だけでなく内科一般床にまで多くの患者様が入院されます。

ご挨拶

神経内科は中枢神経、末梢神経そして筋肉に生じる疾患を診断し内科的に治療する診療科です。その特徴は疾患守備範囲の広さです。慶應義塾大学病院神経内科の特徴は、これらの多くの神経疾患を偏らずに全体的に広い目で診療できる万全の体制を整えているということです。広い疾患範囲をカバーすべく、専門疾患外来も脳卒中、頭痛、てんかん、パーキンソン病、認知症(メモリー外来)、多発性硬化症、重症筋無力症、顔面けいれんボトックス外来そして疼痛性神経疾患鍼外来と、充実させています。神経内科疾患で悩まれている患者様には、是非専門外来を受診されることをお勧めします。また将来神経内科専門医として多くの患者様の役に立ちたいと大志を抱いている若い医師の方々には是非当科での臨床・研究の研修をお勧めします。

医師紹介

氏名 写真 職位 専門領域 認定資格等
鈴木 則宏 鈴木 則宏 教授 神経内科 日本内科学会認定総合内科専門医・日本神経学会認定神経内科専門医・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医・日本認知症学会認定認知症専門医
髙橋 愼一 髙橋 愼一 准教授・病棟担当医長 内科・神経内科・脳卒中 日本内科学会・認定内科医,日本神経学会・専門医,日本脳卒中学会・専門医,日本頭痛学会・専門医
清水 利彦 清水 利彦 専任講師 神経内科 日本内科学会認定内科医
日本神経学会認定医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会認定頭痛専門医
伊東 大介 伊東 大介 講師 神経内科全般 日本内科学会認定内科医,日本神経学会専門医,日本認知症学会専門医,日本脳卒中学会専門医,日本医師会認定産業医
柴田 護 柴田 護 専任講師 内科・神経内科全般 日本神経学会神経内科専門医,日本内科学会総合内科専門医,日本頭痛学会認定専門医,日本脳卒中学会専門医
鈴木 重明 鈴木 重明 専任講師 内科・神経内科・神経免疫疾患 日本医師会認定産業医,日本内科学会認定医,専門医,日本神経学会専門医,日本頭痛学会専門医,日本脳卒中学会専門医
安部 貴人 安部 貴人 専任講師 内科(神経)・脳卒中 日本神経学会専門医
日本内科学会認定医
日本脳卒中学会専門医
大木 宏一 大木 宏一 助教 神経内科全般・脳卒中 日本内科学会認定内科医,日本神経学会専門医・指導医,日本脳卒中学会専門医
長田 高志 長田 高志 助教 神経内科 日本内科学会・認定医,日本神経学会・認定専門医
関 守信 関 守信 助教 神経内科全般・パーキンソン病 日本内科学会認定内科医,日本神経学会専門医,日本頭痛学会専門医
中原 仁 中原 仁 助教 神経内科一般・多発性硬化症 日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
二瓶 義廣 二瓶 義廣 助教 神経内科 日本内科学会認定医,日本神経学会専門医
伊達 悠岳 伊達 悠岳 助教 神経内科一般・認知症
逢坂 麻由子 逢坂 麻由子 非常勤医師 内科(神経) 日本内科学会認定医
滝沢 翼 滝沢 翼 助教 内科・神経内科・頭痛 日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
勝又 雅裕 勝又 雅裕 助教 神経内科 AHA ACLSプロバイダー

外来診療表担当表

連絡先

より詳しい情報は診療科専用ページをご覧ください。

受診について

  • 当院では患者さんの待ち時間を短縮するため、予約制を導入しています。
  • ご予約方法は一般の患者さんと医療関係の方で異なります。