神経内科

概要

神経内科では、中枢神経系(脳や脊髄)、末梢神経、筋肉を侵す様々な内科疾患を診療しています。大学病院として常に最善・最先端の医療を提供すると共に、広域に及ぶ関連病院や近郊の在宅医療拠点と蜜に連携をとりながら、患者さんの生命の質(quality of life; QOL)が最大限向上するよう全人的医療に努めています。

特色・方針・目標

21世紀に入り、神経内科は大きく発展しています。様々な神経難病の原因が明らかにされ、また画期的な治療も次々と開発されています。大学病院はこれらを先導する役割を担っており、当科では新しい治療をいち早く患者さんに届けるべく治験も積極的に実施しています。
当科はあらゆる神経内科疾患に対し最善の医療を提供することを目標としており、脳卒中、認知症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、重症筋無力症、てんかん、片頭痛などにそれぞれ精通した専門医が在籍しており、専門外来も設置しています。

対象疾患は次のようになっております

  • 脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、くも膜下出血、ウィリス動脈輪閉塞症)
  • パーキンソン病
  • 進行性核上性麻痺
  • 多系統萎縮症(オリーブ橋小脳萎縮症、シャイドレーガー症候群、線条体黒質変性症)
  • その他のパーキンソン症候群
  • 晩発性小脳皮質萎縮症
  • 遺伝性小脳失調症(SCA1, SCA2, SCA3, SCA6)
  • その他の脊髄小脳変性症
  • アルツハイマー病
  • レビー小体型認知症
  • 前頭側頭葉型認知症
  • クロイツフェルトヤコブ病
  • その他の認知症
  • 重症筋無力症
  • 多発筋炎
  • 進行性筋ジストロフィー
  • 筋強直性ジストロフィー
  • その他のミオパチー
  • 多発ニューロパチー
  • ギランバレー症候群
  • フィッシャー症候群
  • シャルコー・マリー・トゥース病
  • 緊張性頭痛
  • 片頭痛
  • 群発性頭痛
  • 髄膜炎
  • 脳炎
  • 肥厚性硬膜炎
  • 進行麻痺
  • 多発性硬化症
  • 視神経脊髄炎
  • 急性散在性脳脊髄炎
  • 進行性多巣性白質脳症
  • 副腎白質ジストロフィー
  • てんかん
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 痙性対麻痺
  • 脊髄性進行性筋萎縮症
  • ハンチントン病
  • ウィルソン病
  • ミトコンドリア脳筋症
  • その他の遺伝性神経疾患
  • 顔面神経麻痺
  • 動眼神経麻痺
  • 滑車神経麻痺
  • 外転神経麻痺
  • その他の脳神経麻痺
  • 顔面痙攣
  • 眼瞼痙攣
  • 痙性斜頸
  • 書痙
  • 本態性振戦
  • 周期性四肢麻痺
  • 脊髄空洞症
  • 平山病
  • 三叉神経痛

次のような症状を扱っております

・頭が痛い(頭痛)
・手足のふるえ
・手足の脱力
・手足の硬直感
・手足のしびれ、感覚障害
・めまい
・ふらつき
・歩行障害
・けいれん発作
・意識障害
・気を失った(失神)
・ものがだぶって見える(複視)
・嚥下困難
・言葉のもつれ

検査内容のご案内

主な実績

当科には、年間延べ約3万人の患者さんが外来に来院されており、毎月50~80名の患者さんが初診として受診されています。また年間延べ約1万人の患者さんが入院されており、毎月約40~60人の患者さんが新規に入院されています。
あらゆる神経内科疾患の患者さんが通院並びに入院されていますが、特に重症筋無力症や多発性硬化症などの神経免疫疾患、パーキンソン病、脳卒中の患者さんが多い特徴があります。
新しい治療をなるべく早く患者さんに届けるべく積極的に活動しており、数多くの治験を実施しています(詳しくは当科ホームページをご参照ください)。

ご挨拶

かつて神経内科は診断あれど治療なしと揶揄されていました。しかし21世紀に入り、難攻不落であった神経内科疾患に対する画期的治療法が次々と開発されてきています。慶應義塾大学病院神経内科はその最前線に立ち、最善・最先端の医療を迅速に患者さんに届けられるよう努めています。総合大学としての強みを活かし、また医学部を支える多くの研究者と共役し、これまで越えられなかった壁を越え続け、我が国はもちろん、世界をリードする神経内科でありたいと願っています。

医師紹介

氏名 写真 職位 専門領域 認定資格等
中原 仁 中原 仁 教授・診療科部長 神経免疫疾患・神経内科全般 日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医
難病指定医
小児慢性特定疾病指定医
身体障害者福祉法第15条指定医(東京都)
日本医師会認定産業医
髙橋 愼一 髙橋 愼一 准教授・病棟医長 脳卒中・神経内科全般 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
難病指定医
日本医師会認定産業医
清水 利彦 清水 利彦 専任講師
保険医長
頭痛・神経内科全般 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
日本認知症学会専門医
伊東 大介 伊東 大介 専任講師
外来医長
認知症・神経内科全般 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本認知症学会専門医
日本医師会認定産業医
柴田 護 柴田 護 専任講師 頭痛・てんかん・神経内科全般 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
日本認知症学会専門医
鈴木 重明 鈴木 重明 専任講師 神経免疫疾患(重症筋無力症・炎症性筋疾患)・神経内科全般 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
臨床神経生理学会認定医(脳波・筋電図)
日本医師会認定産業医
吉崎 崇仁 吉崎 崇仁 専任講師 パーキンソン病・認知症・神経内科全般 日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医
日本認知症学会専門医
日本医師会認定産業医
大木 宏一 大木 宏一 講師(非常勤) 脳卒中・神経内科全般 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
長田 高志 長田 高志 専任講師 パーキンソン病・神経内科全般 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本医師会認定産業医
伊澤 良兼 伊澤 良兼 助教 脳卒中・神経内科全般 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医

関 守信 関 守信 助教 パーキンソン病・神経内科全般 日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医
日本頭痛学会専門医
難病指定医
日本医師会認定産業医
西本 祥仁 西本 祥仁 助教(百寿総合研究センター) 筋萎縮性側索硬化症・神経内科全般 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医
日本医師会認定産業医
森本 悟 森本 悟 助教(生理学) 神経内科全般 日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医
日本医師会認定産業医
谷川 万里子 谷川 万里子 助教(非常勤) 神経内科全般 日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
馬島 恭子 馬島 恭子 助教 神経内科全般 日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
南 和志 南 和志 助教 神経内科全般 日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医
久冨木原 健二 久冨木原 健二 助教 神経免疫疾患・神経内科全般 日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医
飯塚 誉 飯塚 誉 助教 神経内科全般 日本内科学会認定内科医
大山 宗徳 大山 宗徳 助教 神経免疫疾患・神経内科全般 日本内科学会認定内科医
手塚 俊樹 手塚 俊樹 助教 神経内科全般

外来診療表担当表

連絡先

より詳しい情報は当部門の専用webサイトをご覧ください。

受診について

  • 当院では患者さんの待ち時間を短縮するため、予約制を導入しています。
  • ご予約方法は一般の患者さんと医療関係の方で異なります。