脳神経外科

ただいま、お知らせはございません。

研究内容

当教室のホームページをご覧ください。
http://www.neurosurgery.med.keio.ac.jp/medic/theme/index.html

教育内容

大学の脳神経外科教室として、一人前の医師を育てるため、また社会に貢献できる脳神経外科医を育てるため、学生及び研修医教育には力を入れております。
医学部の学生に対しては、当大学脳神経外科における高いレベルの診療活動及び手術を単に見学するだけでなく、医師としてのものの考え方、情熱、患者さんへの真摯な心なども学びとってほしいと考えております。
脳神経外科を専攻する研修医に対しては、技術、知識、気持ちいずれの面でも一流の脳神経外科医になれるよう鍛錬できる環境を提供しています。手術をこなすだけの外科医ではなく、解決できていない問題を見極め、自らの力でこれを克服できるような探求心を持った医師の育成を目指しています。
世界各国からの留学生を広く受け入れ、十分な教育を提供するとともに、教室員もよい刺激を受け、互いのレベルを高めています。

主な実績

2013年の全手術数は 444件でした。
頭蓋底手術(開頭、内視鏡)、覚醒下手術、バイパス手術、血管内手術、脳深部刺激手術、小児脳神経手術の専門家を擁しています
難易度の高い予定手術を数多く行っていますが、救命を目的とした緊急手術にも24時間365日対応しております
詳しい内訳は当教室のホームページをご覧ください。

http://www.neurosurgery.med.keio.ac.jp/
medic/index.html

名称 件数 備考
脳腫瘍摘出術 (グリオーマ、髄膜腫、下垂体腺腫、転移性脳腫瘍など) 198件 2013年
広範囲頭蓋底腫瘍摘出術 (髄膜腫、神経鞘腫、脊索腫など) 34件 2013年
脳血管障害開頭術 (クリッピング、バイパス、頸動脈内膜剥離術など) 94件 2013年
神経内視鏡手術 (水頭症、脳出血、脳腫瘍など) 48件 2013年
脳血管内手術 (コイル塞栓、ステント留置術、血管奇形塞栓術など) 47件 2013年

医療連携・紹介制度について

主治医や担当の看護師と連携しながら、患者さんが安心して療養生活が送れるよう、以下のご相談に応じております。

連絡先

より詳しい情報は当部門の専用webサイトをご覧ください。

受診について

  • 当院では患者さんの待ち時間を短縮するため、予約制を導入しています。
  • ご予約方法は一般の患者さんと医療関係の方で異なります。