看護部

部門のご案内

当院では、先進医療をはじめ、高度で複雑な治療を受けられる患者さんへ、これまでの経験と深い知識に基づいた看護を提供します。看護提供システムや看護の方法、教育などを常に見直し、患者さんのニーズに対応しております。また、常に患者さんやご家族の声に耳を傾け、療養生活を安心して過ごせるようにサポートいたします。
当院の平均在院日数は、約11日と短いですが、他職種や他施設、地域と連携し、外来受診時から入院加療、退院後の生活までを見据えて、療養できる環境の調整を行ないます。
看護部について、詳細は看護部ホームページをご覧ください。

特色・方針

患者さんの身体面だけでなく、疾患に対する思いや、治療の中で生じる心の変化といった精神面、これまで生きてきた中で大切にしてきたことや、職場や家族の中での役割といった社会面などすべてに目を向けて、患者さんと目標を共有しながら看護を提供します。一人ひとりの特性に応じた看護を提供するために、チーム力を発揮し、卓越した知識・技術を持った看護師による相談や専門ケアを行なっています。また、在宅医療の支援、地域との連携を充実するために、他職種が連携したチーム医療を推進し、継ぎ目のない包括的看護を実施しています。
【看護部の目標】
1.慶應病院のすべての患者さんに、専門的な看護実践、教育、および研究を通じて、質の高い医療を提供します。
2.看護師の高い倫理観・使命および責務に基づき、チーム医療の中で効率的に看護を提供します。
3.自律した役割遂行のできる看護師の成長を支援します。
4.自己啓発および学際的な看護研究を通して、慶應義塾大学病院の看護実践を発展させていきます。
5. 在宅・地域に向けた保健教育活動を推進します。

ご挨拶

慶應義塾大学病院看護部は、患者さんに優しく、信頼され、患者さん中心の医療を提供するという病院の理念のもと、「患者さんを尊重し、患者さんの生活の質を高める看護実践」を行なうことを理念に掲げ、教職員と協力、協働して医療を提供しています。
時代の要請や看護学の発展にあわせ、その時代に適した看護を提供することを目標に、一人ひとりの患者さんの特性や療養環境に合った看護、支援をチームで取り組み実践しています。安全で安心できる医療を提供し、お一人お一人がよりよい療養環境で治療を受けることが出来、日常生活の質が維持できることに力を発揮していきたいと思っています。
看護師の教育や育成にも力を入れています。専門性が高く、卓説した知識や技術をもつ看護師の教育支援、キャリア開発支援を行ない、看護師自身が学び続けられる環境、働き続けられる環境を作り、質の高い看護を提供していきたいと思います。

看護師の活動や教育内容などの詳しい内容は、看護部ホームページをご覧下さい。


看護部長 松田 美紀子

主な実績

看護専門領域には、専門的かつ習熟した知識・技術を持つ、日本看護協会認定および慶應義塾大学病院の院内認定の看護師を配置しています。
専門や認定看護師は、専門性を活かし直接患者さんに看護を提供するとともに、院内の看護師の指導・教育および相談活動を行います。現在、日本看護協会が認定している専門・認定看護師は20分野(39名)、院内における実績を評価され、院内で承認している認定看護師は2分野(2名)になります。
看護専門領域の活動について、詳細はこちらをご覧ください。

http://kango.hosp.keio.ac.jp/guide/specialist.html

募集採用について

当院では、高度先進医療の現場で活躍できるジェネラリストナースを育成しています。看護師・助産師の採用案内はこちらのHPをご覧ください。
http://kango.hosp.keio.ac.jp/recruit/guideline.html

連絡先

より詳しい情報は当部門の専用webサイトをご覧ください。