薬剤部

部門のご案内

薬剤部では、全ての患者さんが安心して、効果的にお薬を使用していただけるよう、お薬にかかわる様々な部門で業務を展開しています。
内容は、お薬の調剤、患者さんへのお薬の説明、医薬品情報の収集・評価と提供、医薬品管理、院内製剤、注射薬混合調製等多岐に渡っています。それぞれの業務は、患者さんを中心として医師や看護師など他の医療スタッフと連携しており、患者さんに信頼される質の高い安全で安心な医療を提供することを目指しています。
また、医療人の育成においては、大学と連携して11週間にわたる薬学部実務実習生を年に3回受入れており、医療の高度化に対応した薬剤師の育成にも力を注いでいます。

特色・方針

薬剤部では薬剤師を診療科毎の担当制にしており、入院中の患者さんへの服薬指導をはじめ適正なお薬の処方設計に積極的に関わっています。
また、様々な診療科や病棟で臨床経験を積んだ薬剤師は、がん治療、栄養サポート、感染制御やHIV感染症などの専門的な領域のチーム医療における一員として診療に関わり、患者さんに使用される医薬品の適正使用の推進や副作用を予防・軽減するための処方を提案することで患者さん中心の医療に貢献しています。また、使用された医薬品の血液中の濃度を測定・解析することで、その後の医師の処方設計なども支援しています。
薬剤部には主に以下の専門・認定薬剤師が在籍しています。
・がん薬物療法認定薬剤師   2名
・栄養サポートチーム専門薬剤師   2名
・緩和薬物療法認定薬剤師   1名
・HIV感染症薬物療法認定薬剤師   1名
・抗菌化学療法認定薬剤師   2名
・感染制御薬物療法認定薬剤師   2名
・糖尿病療養指導士   1名
・医療薬学会認定薬剤師   3名
・医療薬学会指導薬剤師   1名
・認定実務実習指導薬剤師   41名  
(2014年3月現在)

ご挨拶

薬剤部は、医療の質と安全性を担保するために不可欠な、チーム医療の要の役割を担っている部門です。感染制御、緩和医療、NST、腫瘍センターなどのチームの一員としてその専門性を最大限に発揮するとともに、日常診療の場においても外来・病棟、そして入退院センターなどで重要な役割を担っています。薬剤部は人材育成にも精力的に取り組んでいます。次世代を担う薬剤師を育成するために、薬剤管理指導業務は診療科別の担当とし、一定期間後に異動を行うことで、専門薬剤師取得を目指して広い診療科を経験できるよう配慮しています。一日の外来処方院内調剤数が約1,500/日、注射剤混合調製数が約350件と、その数は他施設をはるかに上回る極めて多忙な部門ですが、部員全員が安全安心な医療を提供するため日々全力を尽くしています。

主な実績

薬剤部では外来・入院併せて1日に約2,000枚の処方せんに対応しています。注射薬では、一般病棟の500mL以上の輸液を混合調製しています。また、小児病棟では全ての注射薬の混合調製を実施しており、当院の特色の一つと言えます。注射薬の抗がん剤は、休祭日も含めて全て薬剤部で混合調製しており、外来・入院併せて平均100~120件の調製を行っています。また、リウマチ疾患やその他の自己免疫疾患に使用する抗体製剤の調製から患者指導まで広くかかわっていることは当院薬剤部の特徴です。薬剤管理指導業務は、診療科別担当制で行っており、全ての診療科の入院患者さんに対して服薬指導の実施や医薬品の適正使用に関する情報提供を行っています。

名称 件数 備考
処方せん枚数 外来:396,803枚、入院:206,135枚 2013年度
入院注射薬調製件数 抗がん剤:13,979件、一般注射薬:97,149件 2013年度
外来注射薬調製件数 抗がん剤:12,210件、抗体製剤:8,642件、一般注射薬:12,906件 2013年度
薬剤管理指導件数 17,505件 2013年度

募集採用について

慶應義塾大学病院 薬剤部で広い臨床知識と広範な技能を身につけよう!

<当院薬剤部の特色>
各薬剤業務のスキルアップができます。
・特殊な薬剤・多診療科を対象とした調剤や、抗がん剤の混合調製、院内製剤、医薬品情報など広範な領域の薬剤師の技能習得ができます。
・移植、抗がん剤治療および自己免疫疾患などの高度で広い疾患領域の服薬指導経験を積むことができます。
・感染、緩和などチーム医療に参加出来ます(病棟ラウンド、カンファレンスなど)。
・各種資格要件の実績を積むチャンスがあります(がん専門薬剤師研修施設、薬物療法認定薬剤師研修施設、日本医療薬学会認定薬剤師研修施設)。
・各種認定に必要な論文や学会発表の共同著者(演者)になることもできます。

<嘱託職員の先輩は関連病院をはじめ、他施設へも就職しています>
就職例)東京女子医科大学病院、日本大学医学部付属板橋病院、駿河台日本大学病院、東邦大学医療センター大森病院、日野市立病院、国立成育医療研究センターなど

薬剤部の主な業務

 調剤業務
医師が診察した際に、お薬による治療が必要な場合には処方せんが発行されます。薬剤部では発行された処方せんに基づき、適正使用を確認して患者さんにお薬を準備しています。
 製剤業務
主に市販されていない特殊なお薬を患者さんや医療現場からの要望により調製・提供しています。
 病棟業務
入院患者さんへのお薬の説明をとおして、そのお薬がしっかり飲めているか、副作用が出ていないかを確認しています。また、医師や看護師をはじめとする他職種へお薬の情報を発信することで、患者さんを中心としたチーム医療を行っています。
 医薬品情報業務
医薬品に関する様々な情報を収集・評価し、患者さんや医療スタッフに対して情報を発信しています。
 医薬品管理業務
病院で使用される医薬品の購入、適切な在庫・品質管理を行い、いつでも患者さんへ安心で安全なお薬を供給できる体制を整えています。
 注射薬混合調製業務
注射薬による治療を受ける全ての患者さんの注射薬を取り揃え、適正使用を確認したうえで、清潔な環境で注射薬を混ぜ合わせ、病棟に払い出しています。
・その他
中央手術部サテライトファーマシーおける医薬品管理業務、治験管理業務、放射性医薬品検定業務、各種専門医療チームへの参加

薬剤部が取り組む安全対策

医療事故の3割は薬剤に起因すると言われています。薬剤部では医師をはじめとして各職種と連携し、院内の安全対策に積極的に取り組んでいます。特にバーコードを用いた安全対策については、新しいシステムを構築して、そこで得られた最新の知見は研究成果として論文報告し、他施設へも発信を行っています。

研究・研修について

薬剤部では日常業務だけではなく研究や部内研修なども行っています。これらの活動は、薬剤部員の資質向上や専門・認定などの資格を取得する上で重要な役割を果たしています。
【臨床研究】
調剤や院内製剤など日常業務に関連するものから、診療科や関係職種と協働して行うものまで多岐の領域に渡っています。職員嘱託を問わずやる気のある薬剤師は誰でも参加できます。
●感染制御チーム
・抗菌薬使用と副作用の関係性に関する調査
●緩和ケアチーム
・がん性疼痛マネジメントに対する鎮痛薬の使用調査
●院内製剤
・院内製剤の安定性と有効性の調査
●安全対策
・医療用医薬品のバーコード表示の有用性に関する調査
など
【部門内研修】
① 臨床研究セミナー(月1回)
薬剤部内の臨床研究は定期的に部内発表会を行い、そこで議論を深めています。初心者でも研究に参加出来るよう、研究支援グループが活動をサポートしていきます。
② 論文抄読会(週1回)
各専門領域や病棟担当者、若手や管理職まで、その時々のトピックスや、最新の薬物治療を把握する上で重要な論文などをテーマに論文抄読会を開催しています。論文の読み方講習会の開催など、論文に慣れていない若手に対するサポートもあります。