放射線安全管理室

部門のご案内

放射性同位元素(Radioisotope:RI)や放射線による事故の防止および安全文化の熟成のため、第三者の立場から、放射線業務従事者等に対する安全教育や各種法令の遵守状況の確認,個人ならびにRI施設等の放射線防護上の安全確認や環境の放射線防護等を行い、公共の安全を確保することを目標としています。
慶應義塾大学病院では、放射線安全管理室が独立的存在で病院全域の放射線安全
に取り組み、また院内だけでなく、当院周辺の公共の安全性の確保に取り組んでいます。

特色・方針

現在、RIおよび放射線は、医療分野および工業分野,エネルギー分野等、広範な分野で活用されており、人類の技術の発展には欠かせないものとなっています。しかし、その取扱を誤ると危険なものとなり、放射線業務従事者本人の被ばくによる影響はもとより、環境汚染および一般公衆への影響等の問題も発生します。従事者は時として、防護・安全をおろそかにすることが懸念されます。これを防止するには、利用に直接携わる従事者本人による安全取扱の実行が不可欠ですが、第三者による放射線管理も必要となってきます。放射線安全管理室は、従事者とお互いに積極的な協力関係を結び、共に放射線安全管理の重要性を理解し、安全文化を構築していきます。

ご挨拶

放射線安全管理室は、放射線管理部署として、日本でいち早く設置されました。総勢5名と小さな部署であるが、放射線業務従事者の被ばく管理、作業環境測定、教育訓練、健康診断などを行い、安全な医療環境の維持に努めています。放射線は、医療分野だけでなく広範な分野で活用されており、欠かせない技術です。しかしながら、その取扱を誤ると危険なものとなり、被ばくによる影響、環境汚染、一般公衆への影響等の問題も発生します。これを防止するには安全取扱の実行、特に第三者による放射線管理が必要です。安全管理者と従事者が、積極的な協力関係を結ぶことが重要です。従事者に対する安全教育や各種法令の遵守状況の確認,個人ならびに放射線施設等の放射線防護上の安全確認や環境の防護等を行い、公共の安全を確保することが目標です。

スタッフ紹介

医師名 写真 職位 専門領域 認定資格等
茂松 直之 茂松 直之 室長 放射線安全管理 医師
第一種放射線取扱主任者
菊池 裕純  主任 放射線安全管理 診療放射線技師
第一種作業環境測定士
衛生工学衛生管理者
エックス線作業主任者
ガンマ線透過写真撮影作業主任者
片岡 賢英  技術員 放射線安全管理 第一種放射線取扱主任者
エックス線作業主任者
ガンマ線透過写真撮影作業主任者
池本 寛  技術員 放射線安全管理 診療放射線技師
本多 淳  技術員 放射線安全管理

連絡先

ご相談は下記までご連絡ください。

  • 電話03-5363-3680
  • FAX03-5363-3681
  • MAILm-radsafety@adst.keio.ac.jp