リウマチ・膠原病内科

ただいま、お知らせはございません。

研究内容

現在、下記の疾患・状態の患者さんについての研究を行っております。

 ・関節リウマチ
 ・関節液貯留
 ・リウマトイド因子陽性(無症候性)
 ・MMP-3高値(無症候性)
 ・自己抗体陽性(無症候性)
 ・全身性エリテマトーデス
 ・シェーグレン症候群
 ・血管炎
 ・リウマチ性多発筋痛症
 ・成人発症スティル病
 ・脊椎関節炎(強直性脊椎炎など)
 ・強皮症
  など

もし患者さんがいらっしゃいましたら、新規例・治療例を問わず、御紹介頂けましたら幸いです。

教育内容

当科の理念は、診療・研究・教育の分野で若い医師、研究者が活躍できる場を提供し、世界に通用する成果を挙げることです。その理念のもと、研修医でも症例報告などの指導を受けることが可能です。さらに、種々の臨床研究や基礎研究を展開しており、意欲のある人には研究活動への参加を大いに歓迎しています。

詳しくは内科学教室のホームページの中の当科の項をご覧ください。
http://www.keio-med.jp/resident/feature.html

主な実績

2010年に免疫統括医療センターが開設され、関節リウマチなどの免疫難病に対する診療・研究を行って参りました。さらに、2011年に厚生労働省の「免疫難病に対する早期・探索的臨床試験拠点」に当院が指定され、免疫難病に対する新薬開発を他部署と協力して進めています。また、関連病院とも連携した研究を加速させ、その成果を実際の診療に還元させています。

医療連携・紹介制度について

主治医や担当の看護師と連携しながら、患者さんが安心して療養生活が送れるよう、以下のご相談に応じております。

連絡先

より詳しい情報は当部門の専用webサイトをご覧ください。