呼吸器外科

概要

当科では肺およびその他の胸部臓器の疾患を扱っています。

特色・方針・目標

「蓄積された技術と経験を生かし、根治性を損なうことの無い手術を行います」
肺癌を中心に、転移性肺腫瘍、胸膜中皮腫などの悪性疾患に対する手術や集学的治療を行っています。特に肺癌の診断・治療については、他科と連携したカンファレンスを行い、専門家の知識・経験を集約し最善の治療法を提案します。その他、肺良性腫瘍、縦隔腫瘍、気胸、肺結核性抗酸菌症、膿胸、胸部外傷、漏斗胸、胸壁腫瘍などの肺および胸壁に対する手術を行います。

対象疾患は次のようになっております

  • 肺がん
  • 転移性肺腫瘍
  • 縦隔腫瘍
  • 自然気胸(嚢胞性肺疾患)
  • 胸膜中皮腫に対する手術や化学療法
  • 良性肺腫瘍の切除
  • 診断目的の肺の手術
  • 甲状腺の腫瘍
  • 重症筋無力症や縦隔腫瘍における胸腺
  • 縦隔の手術
  • 気胸
  • 肺結核
  • 肺非定型抗酸菌症
  • 膿胸
  • 胸部外傷
  • 横隔膜や漏斗胸
  • 胸壁腫瘍などの胸壁に対する手術
  • 手掌多汗症に対する胸部交感神経切除術
  • あらゆる呼吸器外科手術

次のような症状を扱っております

咳が気になる、痰が多くなった、血痰が出る、胸が痛い(痛胸)、息切れがする

検査内容のご案内

  • 気管支鏡
  • CTガイド下肺生検
  • 胸部単純写真:呼吸器疾患の局在・胸腔内の状態を把握する
  • 胸部CT検査:胸腔内病変(肺内の病変あるいは縦隔内の病変など)の状態を把握・診断
  • 胸部MRI検査: 胸腔内病変特に心大血管と病変との関係を解剖学的・機能的に把握・診断
  • 気管支鏡検査:肺疾患・気管支内病変に対し直接観察・細胞組織を気管支鏡下に採取し診断・治療、気管支鏡を用いて治療(気管支鏡下腫瘍切除・気管支鏡下気管気管支狭窄開大・気管支鏡下腫瘍レーザー焼灼)
  • 肺機能検査: 肺活量・一秒量などの測定から検査時点での肺機能を知り治療法の選択
  • 肺シンチグラフィー: 微量のアイソトープ(放射性同位元素)を用いて腫瘍の存在や肺内の血流や換気の状態を明かとする検査
  • 肺動脈造影検査
  • 気管支動脈造影検査:肺切除を必要とするような疾患の場合、病巣周囲の血管構築を明らかとし手術適応や手術法の決定
  • CTガイド下肺生検:小さな病変あるいは影の薄い病変を確定診断

ご挨拶

当科では肺、縦隔およびその他の胸部臓器の疾患を扱い、年間300症例以上の手術を行っています。肺癌はもとより、腫瘍ではない呼吸器の病気で手術を 必要とする病気にも積極的に取り組んでいます。入院待機期間は2週間から4週間ほどです。肺癌の患者さんには検査、入院を可能な限り迅速に行います。当科の特徴は5cm以下の肺癌に対する胸腔鏡補助下肺葉切除術、進行肺癌に対する術前放射線化学療法後の手術療法、気管支の中枢にできた肺癌に対する気管気管支形成術、小さな肺の腫瘤性病変に対する透視CTガイドを用いた針生検、縦隔腫瘍に対する胸腔鏡下切除術などがあります。各スタッフが豊富な経験、技術、また関連各科との良好な関係によりレベルが高く、安全な医療の提供をします。

医師紹介

氏名 写真 職位 専門領域 認定資格等
淺村 尚生 淺村 尚生 教授
診療部長
呼吸器外科 日本外科学会外科専門医・指導医
呼吸器外科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

大塚 崇 大塚 崇 准教授
診療副部長
病棟医長
呼吸器外科 日本外科学会外科専門医・指導医
呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
日本移植学会移植認定医
羽藤 泰 羽藤 泰 助教 呼吸器外科 日本外科学会専門医
呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
がん治療認定医機構がん治療認定医
結核・抗酸菌症認定医
医学博士
加勢田 馨 加勢田 馨 助教 呼吸器外科 日本外科学会外科専門医
呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
政井 恭兵 政井 恭兵 助教 呼吸器外科 日本外科学会外科専門医
渡辺 真純 渡辺 真純 新病院棟建設企画担当教授 呼吸器外科 日本外科学会外科専門医・指導医
呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

外来診療表担当表

連絡先

より詳しい情報は当部門の専用webサイトをご覧ください。

受診について

  • 当院では患者さんの待ち時間を短縮するため、予約制を導入しています。
  • ご予約方法は一般の患者さんと医療関係の方で異なります。