泌尿器科

ただいま、お知らせはございません。

研究内容

当教室では、患者様から発せられる臨床での問題の解決を基礎的研究に求め、その成果を臨床に反映する相方向的研究を推進しています。幅広い疾患にくまなく対応している結果として、泌尿器科の中で、分野融合的なユニークな研究を行っています。基礎研究と臨床研究の成果は世界に向けて公表し、泌尿器科学における指導的立場を担ってきました。
詳細は、当科詳細ホームページの「研究テーマ」を、業績については「業績紹介」ご参照ください。

教育内容

私どもスタッフ一同が情熱を傾けていることとして教育があります。泌尿器科学の特殊性とやりがいを説きながら個別に指導し、若い医師が成長していくのを喜びとしております。
私どもは泌尿器科学の体系として慶應独自の「1+3」構造を提唱し、それに基づいたレジデントシステムで教育を行っております。また、独自の腹腔鏡下手術トレーニングシステムも導入しております。
詳細は、当科詳細ホームページの「臨床研修募集」をご参照ください。

主な実績

主な検査・手術件数をご紹介いたします。

名称 件数 備考
前立腺全摘除術 81件(すべてロボット支援) 2019年
前立腺小線源療法 61件 2019年
腎部分切除術 42件(ロボット支援35件・開放7件) 2019年
副腎摘除術 45件(すべて腹腔鏡下) 2019年
経尿道的前立腺手術(TURP・HoLEP・TUEB・CVP) 85件 2019年
尿道形成術 40件 2019年

医療連携・紹介制度について

主治医や担当の看護師と連携しながら、患者さんが安心して療養生活が送れるよう、以下のご相談に応じております。

募集・採用について

当科では、後期研修医(専修医)を募集しております。泌尿器科学の体系として慶應独自の「1+3」構造に基づいたレジデントシステムや、独自の腹腔鏡下手術トレーニングシステム等ユニークな研修システムがあります。
当科詳細ホームページの「臨床研修募集」をご参照ください。当科の研修システムの詳細や、実際の後期研修医の声を掲載しております。

連絡先

より詳しい情報は当部門の専用webサイトをご覧ください。

受診について

  • 当院では患者さんの待ち時間を短縮するため、予約制を導入しています。
  • ご予約方法は一般の患者さんと医療関係の方で異なります。