内視鏡センター

概要

内視鏡センターは、内視鏡検査を内科と外科両者の共通する領域としてとらえ、1995年に発足致しました。当センターは、その診療内容が既に専門化されており、上部消化管内視鏡、下部消化管内視鏡、膵・胆道内視鏡、気管支鏡の4つの部門から構成されています。センター長をはじめとする5名の専任スタッフに加え、消化器内科、一般消化器外科、腫瘍センター、呼吸器内科、呼吸器外科など各科から医師が参加し、各々の専門家が高度かつ特殊な内視鏡診断、治療を行っています。通常の上部・下部消化管内視鏡をはじめ、拡大内視鏡、超音波内視鏡など、常に新しい診断・治療法を開発、模索し、最先端の内視鏡技術を提供できるように機器、技術の開発を目指しています。

特色・方針・目標

・各診療科の協力と連携(クラスターとして診療にあたります)
・苦痛の少ない、やさしい内視鏡検査(鎮痛剤や鎮静剤を使用します)
・最先端の機器を用いた内視鏡診断・治療(正確な診断と適切な治療を提供します)

対象疾患は次のようになっております

次のような症状を扱っております

血を吐く、便に血が混じる、便が黒い、腹痛、腹部膨満感、早期飽満間、胃もたれ、嘔気、嘔吐、胸やけ、胸の痛み、胸に物がこみ上げてくる、胃酸が上がってくる、食べ物がつかえる、背部痛、心窩部痛、心窩部灼熱感、しぶり腹、便秘、下痢、粘血便、食欲不振、貧血

主な実績

名称 件数 備考
検査総数 20149件 2022年度
上部内視鏡 11743件 2022年度
ESD(食道・胃・十二指腸) 147・145・115件 2022年度
下部内視鏡 6363件 2022年度
下部EMR・下部ESD 590・157件 2022年度
カプセル内視鏡 78件 2022年度
胆道内視鏡 1559件 2022年度
ERCP・EUS・EUS-FNA 698・756・105件 2022年度
気管支鏡 252件 2022年度

ご挨拶

慶應義塾大学病院内視鏡センターでは、5人の専任医師の他、関連各診療科より1週間に延べ100名を超す医師の協力体制のもと、それぞれ専門の立場から診断・治療を担当し、年間約20.000件の内視鏡検査を実施しております。上部・下部内視鏡のスクリーニング検査や炎症性腸疾患の内視鏡診断は連日行われ、食道、胃、十二指腸や大腸の腫瘍性疾患に対する内視鏡治療も腫瘍センターならびに一般・消化器外科のスタッフを中心に、近年検査件数が大幅に増加しています。また、胆膵疾患の内視鏡診断・治療や小腸内視鏡検査(バルーン内視鏡、カプセル内視鏡)、気管支鏡検査などX線透視下での検査・治療も精力的に行っています。

医師紹介

氏名 写真 職位 専門領域 認定資格等
加藤 元彦 加藤 元彦 教授・センター長 消化管腫瘍の内視鏡診断・治療 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
細江 直樹 細江 直樹 准教授
消化管内視鏡治療 小腸内視鏡 カプセル内視鏡 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本カプセル内視鏡学会認定医・指導医
日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
高林 馨 高林 馨 専任講師 消化管内視鏡治療 炎症性腸疾患 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
肝臓学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
筋野 智久 筋野 智久 専任講師 炎症性腸疾患 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
肝臓学会専門医
川﨑 慎太郎 川﨑 慎太郎 助教 胆膵内視鏡 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
肝臓学会専門医

外来診療表担当表

連絡先

より詳しい情報は当部門の専用webサイトをご覧ください。

  • 電話03-3353-1211 (代表)

当部門のwebサイト