入退院センター

部門のご案内

入退院センターは、慶應義塾大学病院にご入院くださる皆様に安心して安全に入院生活を過ごして頂けるようにお手伝いする部門です。その理念は、1.入院から退院まで、業種を超えて一貫したSeamlessな医療サービスを患者さんに提供し、医療の質と安全を整備推進する。2.病床管理を中央一元化して、効率的に医療資源を投入し適正な病床稼働を調整することにより、慶應病院の経営基盤に寄与する 。この2点に集約されます。そのために、入退院センターでは、業種を超えたチーム医療を実践し、医師・認定看護師(疼痛・緩和ケア、皮膚・排泄ケア、透析看護、摂食・嚥下障害看護)・退院調整看護師・アナムネーゼ担当看護師・ソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士)・入院転床担当事務員・薬剤師が協同して、患者さんの入院から退院まで医療の質と安全整備を推進しています。

特色・方針

入退院センターは、多職種で統合チームを作り、最高の医療サービスの実現にかかわる重要な病院機能を担っています。入院申込時から看護師が入院歴、病歴などを聴取し、薬剤師は薬剤服用歴を聴取し必要に応じて薬剤鑑別を行い、患者さんの病状に合わせ、医師、病棟看護師長と入退院センターが協同でベッド調整をし、患者さん本人、家族が安心して入院ができるよう早期からサポートしています。また、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護を実践する認定看護師を配置し、療養生活への不安等の相談、医療処置・医療機器導入による自宅での管理とケアについての相談も受けています。ソーシャルワーカーは、入院患者さんへの転院調整だけでなく、経済的な問題が生じたとき、復職・社会復帰の問題解決が生じたとき、社会保障制度の活用が不明なとき、DV・虐待等の危機的状況を脱するための支援が必要なとき等の療養相談に関する相談も受けています。退院調整看護師は、患者さん本人や家族の要望を確認しながら、訪問看護ステーション、ケアマネジャー等の調整や自宅での療養環境の準備を支援する等、患者さん本人、家族が安心して退院ができるようサポートしています。

ご挨拶

こんにちは、入退院センター長の朴沢重成(専門は内科・消化器)です。慶應義塾大学病院の入退院センターは昨年5月に病院長直轄の部門として発足しました新しい部門です。私はその初代の入退院センター長に任命されました。入退院センターの目的は一言でいいますと、皆様が慶應義塾大学病院にご入院くださる際に安心して安全に、地域医療(外来を含む)から入院され退院までそして再び外来や地域医療まで暮らせるよう、統合された一貫したサービスをソフトおよびハード両面から提供することにあります。当センターではサービスに関わる情報と病院病床情報を一元管理する体制をひいております。このために、慶應独自の入院病床管理システム、転退院調整システム、薬剤鑑別システムを構築して参りました。まだまだ皆様のご要望に添えないことも多々あるか存じます。センター職員一丸となり皆様のより快適な入院生活の向上に努める所存でありますので、どうぞご遠慮なくご意見を頂戴できれば幸いであります。