放射線治療科

概要

放射線治療科は、主にがん(悪性腫瘍)に対する放射線治療を専門に行う部門です。
放射線治療は、手術・抗がん剤に並ぶがん治療の柱の一つです。他の臨床各科との連携のもとに各種の悪性腫瘍の放射線による治療を行っています。
当科ではリニアックを用いた外部放射線治療のほかに、前立腺がん組織内照射や子宮がん腔内照射といった小線源治療、骨転移に対するストロンチウム内用療法を実施しています。

特色・方針・目標

放射線治療には大きく分けて二つの方法があります。身体の外から腫瘍を狙って放射線を照射する「外部放射線治療」と、放射線を出す線源を腫瘍(あるいはその近く)に挿入して治療する「小線源治療」です。私たちは外部放射線治療と小線源治療の両者に積極的に取り組んでいます。がんを完全に治すことを目的とする治療はもちろん、がんに伴う様々な症状を和らげるための治療まで、個々の患者さんに最適な放射線治療が可能です。
外部放射線治療では、放射線を病変の形状に正確に一致させて集中照射する「定位放射線治療」や、コンピュータを駆使して治療効果の向上と合併症の低減を目指した「強度変調放射線治療(IMRT)」を数多く手がけています。小線源治療では、子宮がんに対する「腔内照射」や前立腺がんに対する「ヨウ素125密封小線源永久挿入療法」を取り入れ、手術以外の治療の選択肢を提供しています。
放射線治療は全身の腫瘍を対象とするため、各診療科との連携がとても大切です。院内の各診療科と定期的にカンファレンスを行い、患者さんごとに最適な治療が提供できるよう日々知恵をしぼっています。

対象疾患は次のようになっております

次のような症状を扱っております

腫瘍に伴う各種の症状に対して、各診療科と連携をとりながら、個々の患者さんについて放射線治療の適応を決定します。放射線治療科での入院はお受けしておりません。

主な実績

名称 件数 備考
放射線治療患者実人数(新患+再患) 888件 2013年度
強度変調放射線治療(IMRT) 118件 2013年度
定位放射線治療(脳+体幹部) 57件 2013年度
腔内照射 69件 2013年度
ヨウ素125密封小線源永久挿入療法 32件 2013年度
2014~2015年度は機器更新時期のため2013年度の件数を記載いたします。

ご挨拶

放射線治療を行う教室としては、創立後94年の最古の歴史があり、わが国では最大規模の放射線科学教室です。1895年レントゲン博士がX線を発見してから一世紀以上が経過した現在、放射線治療は目覚ましい技術革新がなされました。正常組織の線量を可能な限り低減させ、腫瘍部のみにピンポイントで照射を行う、定位的放射線照射や強度変調放射線治療技術の進歩、化学放射線療法の適応拡大、放射性物質を直接挿入する腔内・組織内放射線治療などにより、手術が第一選択であった各種のがんで放射線照射を中心とした治療法の適応疾患が増大しています。慶應病院腫瘍センターが発足し、“癌の低侵襲治療”を目的として掲げ、その大きな柱部門を担っております。診療・研究・教育において世界に冠たるレベルの放射線治療の拡充に取り組んでおります。

医師紹介

氏名 写真 職位 専門領域 認定資格等
茂松 直之 茂松 直之 教授・診療部長 放射線治療全般・高精度放射線治療 日本医学放射線学会専門医
がん治療認定医
日本医学放射線学会研修指導者
大橋 俊夫 大橋 俊夫 准教授・副診療部長 放射線治療全般・強度変調放射線治療・小線源治療 日本医学放射線学会専門医
がん治療認定医
日本医学放射線学会研修指導者
深田 淳一 深田 淳一 専任講師・外来担当医長 放射線治療全般・強度変調放射線治療・定位放射線治療 日本医学放射線学会専門医
がん治療認定医
日本医学放射線学会研修指導者
吉田 佳代 吉田 佳代 助教・保険担当医長 放射線治療全般 日本医学放射線学会専門医
隈部 篤寛 隈部 篤寛 助教 放射線治療全般 日本医学放射線学会専門医
江里口 貴久 江里口 貴久 助教 放射線治療全般 日本医学放射線学会専門医
田中 智樹 田中 智樹 助教 放射線治療全般
高川 佳明 高川 佳明 助教 放射線治療全般

外来診療表担当表

連絡先

より詳しい情報は当部門の専用webサイトをご覧ください。

受診について

  • 当院では患者さんの待ち時間を短縮するため、予約制を導入しています。
  • ご予約方法は一般の患者さんと医療関係の方で異なります。